奥川恭伸投手(星稜)読み方はやすのぶ!身長体重や球速も徹底調査!

野球

2018年のプロ野球ドラフト市場は大豊作。

来年はあの選手が競合するのでは?と勝手に想像していました。

星稜高校の奥川恭伸投手です。

当時から身長が高く体格がいい印象でした。

名前の読み方はやすのぶです。

なんと自己最速158キロを計測した模様です。

高校2年生の時にはU-18で日本代表にも選ばれました。

今回はその奥川恭伸(やすのぶ)投手について詳しく調べてみました。

奥川恭伸投手(星稜)名前の読み方はやすのぶ!身長体重は?

U-18日本代表にも選ばれた、星稜高校の奥川恭伸(やすのぶ)投手。

根尾昴選手や吉田輝星投手らと同じチームで一緒に戦い、刺激も受けたのではないでしょうか。

 

 

奥川恭伸投手は身長183cm、体重82kgという情報がありました!

高校2年生当時での情報ですが、ご覧の通りプロでももう通用しそうな体格ですね。

https://banbi-eye.com

 

奥川恭伸投手のお名前、「やすのぶ」と読むんですね。

苗字も「おくがわ」と濁る方だそうなので、初めて見たら正しく読めないかもしれません。

 

 

恭という字は、礼儀正しく謹(つつし)むという意味があるそうです。

人を敬い正しく接し、かつ伸び伸びと育って欲しいという理由で名付けたのでしょうか?

続いて、奥川恭伸投手の経歴や成績についても掘り下げてみましょう。

 

奥川恭伸投手(星稜)経歴と成績は?

出身小学校・中学校は?

さて、奥川恭伸投手ですが小学校2年生から宇ノ気ブルーサンダーというチームで野球を始めたそうです。

ちなみにピッチャーをやり始めたのは小学校4年生。

その頃から、現在もバッテリーを組んでいる山瀬慎之介選手と共に成長してきたようです。

 

 

石川県かほく市出身で、市立宇ノ気小学校から市立宇ノ気中学校へ進学。

その間も宇ノ気ブルーサンダーでずっと野球に取り組んでいます。

中学校の時にはなんと全国制覇を成し遂げました!

 

 

さて、その後進学した星稜高校といえば全国でも指折りの名門校。

前述した宇ノ気ブルーサンダーは軟式野球チームです。

 

星稜高校入学後の成績は?

奥川恭伸投手は高校生になって初めて硬式野球を始めたことになりますが、特にピッチャーですからボールの扱い方など苦労したのではないでしょうか。

両方経験した人によると、いきなり硬式ボールを握ってもストレートもまともに投げられないそうです。

 

それでも1年生の秋からエースとしてマウンドに立ち、石川県大会優勝。

2年生になると夢の甲子園にまで出場します。

きっと計り知れない、相当な努力をされたでしょうね。

引用:https://www.nikkansports.com

記憶にある方も多いと思いますが、夏の高校野球100回記念の開幕戦で星稜高校OBの松井秀喜さんが始球式を務めました。

この時の先発のマウンドを託されたのは奥川恭伸投手。

松井秀喜さんの後ろに写っているのが奥川恭伸投手です。

どのような気持ちでレジェンドの始球式を見ていたのでしょう。

 

始球式をする方が決まってから星稜ナインが一回戦のくじを引き当てるという奇跡は、もはや巡り合わせに近いものを感じます。

松井秀喜さんも、後輩の前で投げることはさすがに緊張されたようですね。

続いて、奥川恭伸投手のプレーにはどんな魅力があるのかについて調べてみました。

奥川恭伸投手(星稜)の球速・球種・プレースタイルは?

奥川恭伸投手の球種としては伸びのあるストレートに加えて、スライダー、カーブ、チェンジアップ、そしてフォークという球種を持っているようです。

甲子園で投げている映像も見てみましたが、

球の回転数が多く相手打者はストレートにまったくタイミング合わずといった感じでした。

 

そしてやはり、小学生の時からバッテリーを組んでいる山瀬慎之介捕手がいてこそという部分もあるのでしょうね。

効果的に緩いカーブやチェンジアップもおり交ぜています。

2人の息がぴったり合っているからこそ、甲子園に勝ち進んできた選手でも歯が立たないようですね。

 

 

球速としては、最高で158キロを計測しています。

過去に大谷翔平投手(現:MLBエンジェルス)が花巻東高校時代に160キロを計測したことが話題になりました。

大船渡高校の佐々木朗希投手は163キロまで出しましたね!

今は150キロくらい当たり前のように思われていますが、実はとても速いです。

 

 

これから下半身強化のトレーニングを積んでいけば自ずとコントロールも良くなり、更にスピードも上がるでしょう。

ボールの質は既にいいものを持っていますし非常に楽しみですね。

 

奥川恭伸投手(星稜)の練習方法がスゴイ!150キロを計測した驚きの動画とは

ここまで調べていたら、2年生の夏に当時の自己最速150キロを投げた時の映像が見つかりました。

それがこちらです。

 

星稜 奥川 自己最速150km

 

審判の手は上がりませんでしたが、インコースにくい込むキレのあるボールですね。

 

 

また実況の方がおっしゃる通り、最後のひと踏ん張りという気持ちなのか力がこもっているように見えます。

それも夏の甲子園、炎天下の中での投球中97球目でのことです!

ここぞという時に見せるマウンド度胸は素晴らしいものがありますね。

 

 

また、奥川恭伸投手は、通学時にバインダーのクリップをつまんでいるそうです。

ボールが指にかかる感覚を叩き込むためだそうですが、よくこんな練習法を思い付いたなと思いますね。

それだけ四六時中野球のことを考えているのでしょう。

だからこそ、回転数の多い球持ちのいいボールが投げられているのですね。

続いては気になる私生活に迫ります!

奥川恭伸投手(星稜)がイケメンでかわいいけど彼女はいる?

 

奥川恭伸投手はご覧の通り端正なルックス。

奥川恭伸イケメン画像1

引用:https://sportiva.shueisha.co.jp

奥川恭伸イケメン画像2

引用:http://sunews1218.com

奥川恭伸イケメン画像3

引用:http://meiyouwenti.net

甲子園でも2年生エースとして注目されましたし、モテそうですよね。

付き合っている子はいるのでしょうか。

 

ただまだ一般の高校生です。

色々調べてみましたがそのような情報は特に見つかりませんでした。

 

 

高卒で入団したプロ野球選手の話ですが、高校時代から付き合っていた彼女へ大学在学中に「俺の奥さんっていう就職先もあるよ」なんて言った人もいたそうです。

もしかすると密かに愛を育んでいる可能性もありますね。

 奥川恭伸投手(星稜)の父親母親の職業や人柄は?

 

ここまでの活躍を見ていて気になるのが、奥川恭伸投手はどのように育てられてきたのだろうかということです。

そこでご両親についても調べてみました。

 

 

が、やはりまだ普通の高校生ですからね。

有力な情報は特にありませんでした。

 

 

ただ、こんな写真が見つかりました。

引用:https://hotword-coolword.com

奥川恭伸投手は宇ノ気ブルーサンダーではキャプテンを務めていましたから、きっと応援にも来ていたのではないでしょうか。

この中にもしかしたらご両親が写っているかもしれません。

 

野球の練習には、保護者のサポートが必要不可欠ですからね。

まして全国優勝もしているチームですから、さすがに日本一の瞬間には立ち会えたのではないか?と思います。

奥川恭伸投手(星稜)スカウト陣やネットでの評価は?

今年のドラフトの目玉候補の1人として挙がってきそうな奥川恭伸投手。

夏が終わってプロ志望届を出すのか、進学するのかはまだわかりませんがプロのスカウトが放っておくわけがありません。

各スカウトはどのように見ているのでしょうか。

 

スカウト陣の評価

千葉ロッテマリーンズのスカウト曰く、昨年の時点で1位指名候補となることを明言しています。

阪神タイガースのスカウトにとっては、第一印象でのインパクトが絶大だったようです。

そしてマウンド上でのたたずまいを絶賛していますね。

中日ドラゴンズのスカウトも、今だけでなく将来を見据えて今後もっと大きくなる可能性を秘めていると感じているようです。

 

 

更にこんな情報が…。

石川県民の方のようです。

球場によってスピードガンの出方が違うというのはままあることですが…。

3~4キロも違うとなると本当に160キロ以上出ていたかもしれません!

プロのスカウトが持っているあのスピードガンでは、どういったスピード表示だったのか気になります。

 

既に「やっすー」呼びされています!

人気の証拠ですね。

現場で見ていてもえぐいというボール、ぜひ生で見てみたいものです。

 

奥川恭伸投手(星稜)の性格は良い?悪い?

奥川恭伸投手の名前について先ほど考察しましたが、

実際に本人が投げるストレートのように真っ直ぐ伸び伸びとした性格なのかも気になったので調べてみました。

 


赤星さんと対談もされているんですね。

「ハズレじゃないドラフト1位でいきたい」と素直に口にしています。

ご両親の願い通り(かはわかりませんが)すくすくと育っていますね。

 

控えめな印象はありますが、その中にぶれない芯を感じます。

もちろん普段の様子は知る由もありませんが、悪い噂はまったく見当たらないです。

球団も安心して獲得できますね。

 

奥川恭伸投手(星稜) 読み方はやすのぶ!身長体重や球速も徹底調査!まとめ

さて今回は、今年のドラフトの大目玉となりそうな奥川恭伸投手について見ていきました。

いかがでしたでしょうか。

 

高校2年生で150キロを計測後、たった1年で8キロもスピードを上げてきています。

練習は嘘をつかないということでしょうね。

 

本文中にも出てきた大船渡高校佐々木朗希投手、横浜高校の及川雅貴投手など将来のスター候補はまだまだたくさんいます。

これから誰が飛び抜けてくるか、将来性も考えると各球団は嬉しい悲鳴を上げているかもしれませんね。

今年も昨年のドラフト同様、ひと波乱起きそうな予感がします。

最後までご覧いただき有難うございました!

■関連記事はコチラ■
クリック↓
内山壮真(星稜)彼女はいる?経歴や出身中学や父親母親も徹底調査!
宮城大弥(ひろや)兄弟は?経歴や出身中学も徹底調査!
中村敢晴がイケメン!出身地や中学時代の成績も気になる!
及川雅貴wiki風プロフィールと経歴は!イップスで投球異常がヤバい?
西川僚祐プロフィールと経歴は?身長体重や出身中学校も徹底調査!

コメント

  1. […] ■関連記事はコチラ■クリック↓奥川恭伸投手(星稜)読み方はやすのぶ!身長体重や球速も徹底調査!宮城大弥(ひろや)兄弟は?経歴や出身中学も徹底調査!中村敢晴がイケメン!出身地や中学時代の成績も気になる!及川雅貴wiki風プロフィールと経歴は!イップスで投球異常がヤバい?西川僚祐プロフィールと経歴は?身長体重や出身中学校も徹底調査! […]

タイトルとURLをコピーしました