中村敢晴がイケメン!出身地や中学時代の成績も気になる!

スポーツ

中村敢晴がイケメン!出身地や中学時代の成績も気になる!と最近、野球ファンの中で話題になっています!また、中村敢晴って誰?と思った方も中にはいるでしょう。ファンの方、まだ知らない方にも知って頂けるよう今までの成績などについて調べてみたいと思います。それでは、中村敢晴がイケメン!出身地や中学時代の成績も気になる!ということについてまとめたいと思います。どうぞ、最後までご覧ください。

中村敢晴の経歴やプロフィール

まずは、中村敢晴選手のプロフィールについてまとめたいと思います。

中村敢晴画像

引用:http://sunews1218.com

 

  • 名前    中村 敢晴 選手(なかむら かんせい)
  • 生年月日  2002年4月13日(2019.4.12現在、高校新2年生)
  • 出身地   福岡県
  • 身長    183㎝
  • 体重    68㎏
  • ポジション 内野手(右投右打)
  • 中学    大分市立大在中学校(明野ボーイズに所属)
  • 高校    筑陽学園

中村敢晴選手は、出身地は福岡県ということなのですが、お引越しをされて大分県の小学校に通い、小学1年生の時に、「大在少年野球クラブ」で野球を始めたのが、中村敢晴選手の野球人生の始まりです。

これまでの成績ですが、中学時代には明野ボーイズで全国大会に4回連続出場しているんです。明野ボーイズというのは、大分県にあり、現在も1軍活躍中のプロ野球選手を輩出したこともある実績のあるチームです。

そして、現在所属している筑陽学園は、中村敢晴選手の出身地である福岡県にある高校野球の強豪校です。そんな強豪校でも、中村敢晴選手は1年生からレギュラー入りしています。既に、福岡大会や九州大会でも活躍を見せています。

2019年の春の選抜大会では、ヒットはタイムリーヒット1本のみでしたが、盗塁も1つ決めており、積極的なプレースタイルが伺えます。

また、タイムリーヒットを打ったのは、2回戦の山梨学院との試合でした。7回表1-1の場面で、勝ち越しタイムリーヒットでした。あの大きな舞台の大事な場面で打てるというのは、すごいことですよね!

ちなみに、2019年の春の選抜では、筑陽学園はベスト8という結果でした。

夏の甲子園に繋がる試合になったのではと思います。そして、この中村敢晴選手ですが、イケメンと噂されているようです。

中村敢晴がイケメン!

中村敢晴選手は、イケメンとしても注目が集まっています。

早速画像を見てみましょう。

ぱっちり二重で鼻も高く、彫りが深くてちょっとハーフっぽい気もします。

Twitter

身長183㎝という長身なうえに、超小顔なのでかなりスタイルがいいですよね!

可愛い系のようで、高身長爽やかイケメンですね。今後も女性からの人気も高くなるのではと思います。

これから注目の集まる選手なので、メディア露出が増えると一気に人気爆発しそうです^^

続いては、中村敢晴選手の両親について調べてみました。父親は甲子園優勝経験者ということですよ!

中村敢晴の両親は?父親は甲子園優勝経験者!

中村敢晴選手、実はスポーツ一家のようです。

父の寿博さんは、1992年に西日本短期大学附属高校が甲子園優勝した時のキャプテンでした。

その後、早稲田大学に進み、1年生からレギュラーで活躍していたそうです。

卒業後には、早稲田大学でコーチ・助監督をし、現在は、大分県の日本文理大学の監督を務めています。日本文理大学と言えば、野球が強い名門大学ですね。

また、中村敢晴選手の母も、西日本短期大学附属高校でバレー部の主将を務めていたそうです。

中村敢晴の兄、宜聖はプロ野球選手!

中村敢晴選手の兄・宜聖選手は実はプロ野球選手なんです!

ソフトバンクホークスから2018年にドラフト育成4位で指名されている中村宜聖選手です。

出身地が福岡県なので、ソフトバンクホークスから指名を受けた時は嬉しかったと思います。兄、中村宜聖選手は、父と同じ西日本短期大学附属高校の出身で、高校通算15本塁打を放つ身体能力の高い外野手です。

ソフトバンクホークスは、現在の1軍にも育成から上がってきた選手が多いので、兄の中村宜聖選手が1軍で活躍する日も遠くないかもしれないですね。

そして、中村敢晴選手はイケメンと言われているだけあって、兄の中村宜聖選手も既に女性ファンも多い、イケメン選手と注目されています。

兄・中村宜聖選手もイケメン!

このように、父親を始め家族そろってスポーツをしているので、スポーツのDNAも強いものがあるのでしょうね。

中村敢晴が筑陽学園入学を決めたきっかけは?

ここまで読んでいると、なぜ筑陽学園?と疑問に思った方も少なくないのではないでしょうか。

同じ野球をしている父と兄は西日本短期大学附属高校に進学し、野球をしていたのに、中村敢晴選手はなぜ、筑陽学園に進学することを決めたのかというところです。

家族も通った母校に進学し、同じ高校で甲子園を目指す球児も多い中、わざわざ別の高校を選んだのには、理由があるのです。

ちなみに、西日本短期大学附属高校は、筑陽学園と同じく中村敢晴選手の出身地である福岡県にあります、こちらも高校野球の強豪校です。

こちらの高校もプロ野球選手を輩出しております。2019年現在、9人ものプロ野球選手の母校となっております。

その中には、中村敢晴選手の兄の中村宜聖選手や、現在は引退されタレント活動をしている新庄剛志さんなどがいらっしゃいます。他にも、サッカー選手やボクサーなど数々の著名な選手が卒業しております。

そんな中、中村敢晴選手が筑陽学園を選んだ理由は、まだ優勝していない高校で甲子園優勝したいからです。なんと頼もしい選手なのでしょう。

甲子園を目指している球児の多くは、今までにも甲子園で優勝を経験している強豪校を選ぶ印象がありますが、中村敢晴選手はその逆なのです。

実は、中村敢晴選手の父が西日本短期大学附属高校で甲子園優勝を経験したのも初優勝だったそうで、その姿に憧れたという影響もあるのかもしれません。しかし、高校入学前の中学生の時に、このように思えるということは、とてもすごいことですよね。イケメンなうえに、人間としても自分の考えをしっかり持った人間性なのでしょうね。野球に対する情熱がとても感じられます。

いずれにしても、中村敢晴選手も父も兄も出身地である福岡県の高校に進学しているのです。たまたまなのか、出身地ということで思い入れがあるのかは分かりませんが、地元愛のようなものも感じられます。

中村敢晴、中学時代の成績やドラフト・スカウトの評価は?

中村敢晴選手は、中学時代に全国大会に4度出場し、ベスト4まで勝ち進んだこともあるようです。そんな中学時代には、明野ボーイズでの守備は、投手と内野手だったということなので、全国大会でも大きな活躍を見せたのだと思います。

ドラフト、スカウトの評価ですが、今の段階では全国的にまだあまり名前は知れ渡っているという印象は、筆者には感じられませんでした。

しかし、中学時代も含め、高校野球の強豪校で1年生から(現在は新2年生)既に活躍を見せている選手なので、今後の活躍次第では、スカウトの方から注目されることも大いに期待出来る選手だと思います。

また、あるサイトでは、打撃センス、将来性、走塁、守備/肩、パワーの評価で、かなり高得点で期待を集めているようです。

この5つの評価で、どれもバランス良く評価している人が多い印象ですので、いろいろな可能性を持った選手だと感じます。

また、中村敢晴選手は選球眼も良く、足も50mは6秒2と俊足の選手です。

ボールを見極め、フォアボールでも塁に出れば、盗塁も出来ますし、得点にも繋がります。このような選手がチームにいるということは、チームにとってもかなりプラスですね。

本人は、打撃力もですが、特に守備力と集中力と精神力の強化を目指しているようです。守備力や精神力がもっと良くなると、更に打撃に対しても良い影響が出ると思うので、更にパワーアップ出来ると思います。

中村敢晴がイケメン!出身地や中学時代の成績も気になる!まとめ

ここまで、中村敢晴がイケメン!出身地や中学時代の成績も気になる!ということで、中村敢晴選手の中学時代やこれまでの成績などについて、まとめてみました。

如何だったでしょうか?

まだ高校2年生ということで、今が成長の時期です。これから、益々成長し、今後の活躍も気になる選手です。高校卒業後、プロ野球の道を選ぶのか、大学進学の道を選ぶのか、それとも違う道に進むのか、まだ分かりませんが、頑張ってほしいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました!

■関連記事はコチラ■
クリック↓
荻原吟哉(星稜)プロフィールと経歴!出身中学や球速球種も徹底調査!
及川雅貴wiki風プロフィールと経歴は!イップスで投球異常がヤバい?
西川僚祐プロフィールと経歴は?身長体重や出身中学校も徹底調査!
奥川恭伸出身校は?両親(父母)や兄の画像も気になる!

コメント

  1. […] ■関連記事はコチラ■クリック↓中村敢晴がイケメン!出身地や中学時代の成績も気になる!及川雅貴wiki風プロフィールと経歴は!イップスで投球異常がヤバい?西川僚祐プロフィールと経歴は?身長体重や出身中学校も徹底調査!奥川恭伸出身校は?両親(父母)や兄の画像も気になる! […]

タイトルとURLをコピーしました