佐藤美弥(バレー)経歴wikiプロフィール!出身高校や大学は?

バレー

日本女子バレーボール界の司令塔である佐藤美弥選手ですが、出身高校である聖霊女子短期大学附属高校時代から、未来を期待できるほどの身体能力があったのです!
高身長セッターとして、チームにはかかせない存在だったはずです。

全日本選手として選手登録をされ続けているのにはきちんと理由があり、その中でもとくにセッターとしての能力が評価されていました!

日本代表監督である、中田久美監督がもともとセッター出身であることから、ここ近年セッターに力を入れて育てているのかもしれませんね。
また、佐藤美弥選手について他の選手よりも「汗」が大量に出ていることも話題になっているので、今回はその噂についても調べてみました。

今回は、そんな佐藤美弥選手についての経歴や高校時代・大学時代、プロフィールについて調べました。

佐藤美弥の経歴とwiki風プロフィールは?秋田の名門校で活躍していた!

佐藤美弥選手は、秋田県秋田市出身です。
小学4年生の頃に、友人に誘われたことがきっかけとなり港北スポーツ少年団にて、バレーボールを始めました。

秋田市立土崎中学に入学し、バレーボール部に入部をして練習に励みました。
このころの、バレーボール成績などは不明です。

高校は、秋田県内で春の高校バレー常連校である聖霊女子短期大学附属高校に進学しています。

聖霊女子短期大学附属高校では、春の高校バレー(全国大会)やインターハイに出場を決めています。
当時は、現在Vリーグで活躍をしている江畑幸子選手と同級生です。

当時から、身長は170cmを超えており長身セッターとして期待をされる選手でした。
そもそも、当時の聖霊女子短期大学附属高校のスタメンは全員高さがありました。

聖霊女子短期大学附属高校を卒業後には、東京にある嘉悦大学に入学をし在学中に全日本代表メンバーに登録されました。

佐藤美弥 嘉悦大学 画像

https://atsutane.exblog.jp

インカレなどで活躍を残し、2011年12月に日立リヴァーレに入団をしました。

2013-2014シーズンには日立リヴァーレの正セッターとなり、チームの司令塔として活躍をしました。
2015-2016シーズンでは、チーム歴代最高位となるファイナルに出場しています。
このときに、敢闘賞とベスト6賞を受賞しています。

佐藤美弥 日立リヴァーレ 画像

https://www.sakigake.jp

佐藤美弥選手が、聖霊女子短期大学附属高校時代に私は彼女のプレーを見ていますが、当時から才能は開花されていました。
セッターとして見事な配球やトスワーク、あのプレーは各チームのセッターがこぞって見たはずです。

wiki風プロフィール

名前      佐藤美弥(さとう みや)
生年月日    1990.03.07
出身地     秋田県秋田市
身長      175cm
体重      63kg

佐藤美弥選手といえば、ゲームの組み立てがかなり上手いセッターです。
バレーボールの試合は、セッターの配球によって試合の流れがかなり変わります。
その大切なポジションは、佐藤美弥選手に任せておけば大安心です。

続いては、佐藤美弥選手の家族構成と彼氏についてです。

佐藤美弥の家族構成と彼氏は?宝物は家族だった!

佐藤美弥選手といえば、顔立ちが美人ですよね!
インターネットでも「美人」と、評判が高いです。

そんな佐藤美弥選手ですが、これほどまでに美人なので彼氏がいてもおかしくありませんよね!

気になったので調べてみましたが、残念ながらわかりませんでした・・・
しかし、こんなにもかわいいと騒がれているので絶対にいると思いますよ!

また、家族構成も調べましたがこちらも出てきませんでした・・・
しかし、2017年のグラチャンバレーのアンケートでは、「あなたの宝物は?」の欄に「家族」と答えてありました。

家族をとても尊敬していて、感謝していることがわかりますね!

続いては、佐藤美弥選手は汗がすごい?についてです。

佐藤美弥は汗がすごい?自身も認める大汗っかきだった!

佐藤美弥選手について、調べを進めてみるとなぜか「汗」というワードに当たりました。

どうやら、佐藤美弥選手は大の汗っかきということでも有名でした。
以前、佐藤美弥選手の大量の汗がコート内に落ちたことによって、チームメイトが滑ってしまったということがありました。

佐藤美弥選手ご本人も認めるほどの、大量の汗なことがかたられていますね!

ですが、基本的にアスリートなので一般の方よりも基礎代謝が高いはずです。
基礎知識として、基礎代謝が高ければ体の脂肪を燃焼してくれるので、代謝が悪い人に比べて汗がかきやすいのです。

小中学生のバレーボーラーによく見かけるのは、ユニフォームのパンツにタオルを挟んでおくスタイルです。
練習中などに、コートに汗が落ちていると、レシーブのときやアタックでジャンプをするときに危険です。
そのために、タオルを挟んでおくという目的があります。

タオル挟み方 参考 画像

https://www.makasetaro.com

こんな感じのスタイルです!
見たことのある方も、多いのではないでしょうか。

続いては、佐藤美弥選手のプレースタイルとこれからの課題についてです。

佐藤美弥のプレースタイルと今後の課題は?コントロール力を強化するとなおよし!

佐藤美弥選手の、プレースタイルといえば攻撃面ではサーブで相手がAパスをセッターに返さないようにするところだと思います。
セッターというポジションであるため、攻撃をする時間はほぼありません。

しかし、唯一サーブの時間は攻撃が可能なため、チームからしてもセッターがサーブで点数を取ってくれることは、大変ありがたいのです。
特に、佐藤美弥選手はサーブのコントロール力がいいので、相手の選手の前にボールを落としたり時にはエンドラインぎりぎりを狙ってみたりと、サーブの中でも攻撃力に長けています。

他には、ツーアタックなどもありますが、基本的には多用しない攻撃になります。

これからの課題としては、トスを上げた際のボールにバラつきがあるところではないでしょうか。

基本的には、山なりの弧を描いたボールをトスであげてアタッカーが打ちます。
しかし、アタッカーからするとこのトスがいつも同じような位置、または高さで上がってこなければ打ちにくいのです。

佐藤美弥選手のプレーを見ていると、試合最初のセットはトスにブレは感じません。
しかし、試合中盤になってくると疲労もたまるからか、トスがブレてきます。

特に、Aパスでレシーバーがあげてきたボールは絶対に良いトスをあげなければいけません。

トスをあげるときは、肩をボールの下から入れ込んであげるため、1本目にレシーブであがったボールが低く上がった場合、セッターはほぼしゃがみながらトスを上げることになります。

アタッカーまで、ボールをきれいにつなぐには、レシーバーのスキルも重要なのです。

また、トスがぶれないようにするためにはセッター自身の体力が必要です。
このことから、佐藤美弥選手は今でも体力はあるはずですが、より体力トレーニングを行うといいと思いました!

続いては、佐藤美弥(バレー)経歴wikiプロフィール!出身高校や大学は?についてのまとめです。

佐藤美弥(バレー)経歴wikiプロフィール!出身高校や大学は?まとめ

佐藤美弥選手は、高校生の頃からとてもかわいらしいと思っていましたが、「かわいいのにバレーボールがうまい」は、ある意味で佐藤美弥選手の武器になりそうな予感がしました!
例えば、選手として現役を引退した後に大林素子さんのようなタレントとしても活動できそうな気がします。

日本女子バレー界の司令塔でもある、佐藤美弥選手はこれからもっともっと成長すると思うので、これからがとても楽しみです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

■関連記事はコチラ■
クリック↓
石川真佑身長体重は?最高到達点やプレースタイル特徴も調査!
石川真佑wiki風プロフィールや経歴!兄は石川祐希で姉画像は?

コメント

  1. […] ■関連記事はコチラ■クリック↓石川真佑身長体重は?最高到達点やプレースタイル特徴も調査!佐藤美弥(バレー)経歴wikiプロフィール!出身高校や大学は? […]

  2. […] ■関連記事はコチラ■クリック↓佐藤美弥(バレー)経歴wikiプロフィール!出身高校や大学は?石川真佑wiki風プロフィールや経歴!兄は石川祐希で姉画像は? […]

タイトルとURLをコピーしました