道下美里伴走者青山由佳経歴プロフィール!出身高校や大学は?

マラソン

青山由佳さんは道下美里選手のガイドランナーで、東京2020パラリンピックでは、道下美里選手のガイドランナーを勤め、道下美里選手の金メダル獲得に大きな貢献をしました。

青山由佳さんは、リオデジャネイロ2016パラリンピックでも道下美里選手のガイドランナーを勤めましたが結果は無念の銀メダル、5年後の東京で無念を晴らしました。

青山由佳さんの経歴プロフィール、出身高校や大学と主な成績、世界新記録と金メダル獲得、72万市民応援、トークショーに登場、金メダルなどを調べてみました。

詳しく調べてみましたので、ぜひ最後までご覧ください。

道下美里伴走者青山由佳の経歴プロフィールは?

氏名:青山由佳(あおやま ゆか)
出身地:神奈川県相模原市
生まれ年:1986年
身長:154cm
体重:43kg
出身高校:東海大相模高校
出身大学:東海大学体育学部 陸上競技部
勤務先:相模原市役所スポーツ課

青山由佳さんは生まれた神奈川県相模原市で育ち、13歳中学生の時に陸上競技を始めました。

道下美里さんと青山由佳さんの画像①

https://www.tokyo-np.co.jp/

青山由佳さんは相模原市出身なので、地元の小学校や中学校を出ていると推測されます。

おそらく小学校や中学校時代も良い記録を出しているだろうと思い調べてみましたが、ネット上にそれらの情報はありませんでした。

情報が見つかれば、また別の機会に追記したいと思います。

続いては、青山由佳さんの出身高校や大学と主な成績について調べてみました。

道下美里伴走者青山由佳の出身高校や大学?主な成績は?

青山由佳さんは地元の東海大相模高校に入学し、卒業後東海大学へ進み陸上競技部に入部しました。

青山由佳さんは、大学時代に関東インカレ10000mに出場し6位の成績を残しています。

青山由佳さんは2008年に東海大学卒業し、相模原市役所に勤務しながら市民ランナーとして長距離を走り、毎週末には30キロを走りこんできました。

青山由佳さんは2013年の東京マラソンに出場し、結果は2時間47分22秒で22位という記録を残しています。

青山由佳さんの画像①

https://tommygon.exblog.jp/

この大会での優勝はエチオピアのアベル・ケベデ選手2時間25分34秒でした。日本人の1位は尾崎好美選手2時間28分30秒という記録です。

青山由佳さんは日本人としては13位でした。

さらに、青山由佳さんは2018年9月30日に越後湯沢で開催された秋桜ハーフマラソンに出場し、1時間26分58秒で優勝という成績を残しています。

世界のトップとは差がありますが、市民ランナーとしては素晴らしい成績です。

続いては、青山由佳さんの世界新記録と金メダル獲得を支えるについて調べてみました。

道下美里伴走者青山由佳が世界新記録と金メダル獲得を支える?

青山由佳さんは2015年秋頃、「翌年のリオパラリンピックを控えた道下さんが、遠征中の生活面も含めてサポートしてもらえる女性のガイドを探している」という話を聞きました。

目の不自由な道下美里選手にとって、競技を続けるうえで女性のガイドランナーはとても大事な存在で、良いパートナーを探していたのだと思います。

青山由佳さんは、「健常者でもマラソンで3時間を切るのは大変。目が不自由でそれほどのタイムを持つ人がどんな走りをするのか、純粋に興味があってお会いしてみたいと思いました」と語っています。

道下美里選手と青山由佳さんの画像②

https://www.chunichi.co.jp/

しかし、ガイドランナーを始めるとその難しさは想像以上でした。

青山由佳さんは「道に何か落ちていて、1人のときはさっと避けられるものでも、言葉で促(うなが)さないといけない。最初はとっさのひと言を出すのに苦労しました」と語っています。

青山由佳さんは2016年のリオパラリンピックでは、道下美里選手のガイドランナーを勤め銀メダルという結果でした。

2017年12月開催の防府読売マラソンでは、道下美里選手のガイドランナーを務め、2時間56分14秒という世界新記録達成に貢献しました。

2020年2月開催の別府大分毎日マラソンでも、青山由佳さんは道下美里選手のガイドランナーを勤め、結果は道下美里選手が持つ世界記録を1分52秒更新する、2時間54分22秒の世界新をマークしました。

青山由佳さんは東京2020パラリンピックに向けて、「前回のリオで銀メダルという悔しさを味わったので、今回は道下さんにかかわるみんなで金メダルを取りたい」と語っていました。

通常マラソンは個人競技ですが、チームで競技ができるこのスポーツのすばらしさに感動しました。

続いては、青山由佳さんの72万市民応援について調べてみました。

道下美里伴走者青山由佳を72万市民応援とは?

青山由佳さんは相模原市役所スポーツ課に勤務しています。2020年2月の別府大分毎日マラソンで世界新記録が出た後、青山由佳さんはもとむら健太郎市長を訪ねました。

もとむら健太郎市長と青山由佳さんの画像

http://k-motomura.jp/

もとむら健太郎市長は、共生社会を目指す相模原市として、72万市民一丸となって、道下美里選手と青山由佳さんを応援することを約束しました。

続いては、青山由佳さんがトークショーに登場について調べてみました。

道下美里伴走者青山由佳がトークショーに登場とは?

青山由佳さんは神奈川県が主催する「第1回かながわパラスポーツフェスタ2017」(2017年8月26日土曜開催)のトークショーに登場しました。

このイベントは2015年から神奈川県内の各地で開催しています。

当日は、リオパラリンピック車いすテニス日本代表監督の中澤吉裕さんが講師を務め、青山由佳さん、三宅克己さん、二條実穂選手がパラスポーツの楽しさ素晴らしさを語るトークショーでした。

イベントのチラシを持つ青山由佳さん

https://www.townnews.co.jp/

青山由佳さんは「(一人で走るより)選手の走りやすい環境など考える事が多く、やりがいに繋がっています」「パラスポーツというと構えてしまう人が多いかと思いますが、実際はとても親しみやすいもの。ぜひ体験してもらえたら」と話しました。

また、トークショーの機会があれば、ぜひお聞きしたいものです。

続いては、青山由佳さんの聖火ランナーについて調べてみました。

道下美里伴走者青山由佳が聖火ランナー?

青山由佳さんは相模原市で行われた聖火リレーに参加しました。

相模原市で行われた聖火リレーの画像

https://www.kanaloco.jp/

オリパラはコロナ感染で1年延期になりました。

青山由佳さんは、「緊急事態宣言により多くの選手が練習環境を制限せざるを得なくなりましたが、大会が再開されると多くの競技で記録ラッシュとなり、あらためてスポーツには人を元気にする力があることを実感しました。」と語っています。

確かにスポーツは人に感動を与え、人を元気にする力があります。東京2020オリパラを見た世界中の人々に、少しでも力を与えられたらと願うばかりです。

続いては、青山由佳さんに金メダルについて調べてみました。

道下美里伴走者青山由佳に金メダルとは?

道下美里選手とガイドランナーの青山由佳さんが一緒にメダルを授与するシーンです。

青山由佳さんが金メダルを道下美里選手の首にかけようとすると、道下美里選手がそのメダルを青山由佳さんの首にかけました。

慌てて、青山由佳さんは道下美里選手の首にかけ直しました。プレゼンターの小池知事もその様子を温かく見守っています。

「チーム道下」として協力してくれたガイドランナーへの感謝の強い気持ちが伝わってきました。

道下美里選手と青山由佳さんの晴れ晴れとした笑顔が強い印象として残りました。

道下美里伴走者青山由佳経歴プロフィール!出身高校や大学は?まとめ

青山由佳さんは自ら長距離選手として競技生活を続けてきました。道下美里選手と出会い、ガイドランナーとしての新たな競技にひかれ、金メダルの表彰台に道下美里選手とともにのぼりました。

青山由佳さんの今後の益々の活躍を期待しております。

最後までご覧いただき有難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました