栗林良吏wiki経歴プロフィールは?球種や球速・プレー特徴まとめ!

野球

栗林良吏選手は2020年のドラフト会議で広島東洋カープから1位指名を受け入団したプロ野球選手です。

入団1年目の今年、開幕2戦目から抑えピッチャーとして登板し、22試合連続無失点記録を達成し、東京オリンピック日本代表の「侍ジャパン」に選ばれました。

栗林良吏選手のwiki経歴プロフィール、球種や球速、プレーの特徴、大学と社会人での主な成績、プロ初登板、22試合連続無失点などを調べてみました。

詳しく調べてみましたので、ぜひ最後までご覧ください。

栗林良吏wiki経歴プロフィールは?

栗林良吏選手の経歴プロフィールを調べてみました。

氏名:栗林良吏(くりばやし りょうじ)
生年月日:1996年7月9日
出身地:愛知県海部郡佐織町(現・愛西)
身長:178cm
体重:83kg
小学校:愛西市立勝幡小学校
所属:勝幡ドラゴンズ
中学校:愛西市立佐織中学校
所属:藤華クラブ
高等学校:愛知翠明高等学校
大学:名城大学
投打:右投右打
ポジション:ピッチャー
所属:広島東洋カープ
年俸:1,600万円

栗林良吏選手は小学校2年の時から勝幡ドラゴンズに所属して野球を始めました。栗林良吏選手にはお兄さんがいて、野球を始めたきっかけは「兄に勝ちたいから始めた」と語っています。

栗林良吏選手の画像①

https://baseballking.jp/

中学校時代は地元の軟式野球クラブ「藤華クラブ」でプレーしていました。

愛知翠明高等学校では2年生からレギュラーとなり、夏の大会には3番ショートで出場しました。5割越えの打率で愛知県大会準優勝に貢献しました。

2年生の秋からはピッチャーも兼務するようになりました。高校入学当初から、肩が強いと選手と評価していた監督がピッチャーにコンバートしたのでした。

3年生の県大会では、エースピッチャーの4番バッターとして出場し、4回戦まで1失点8奪三振と好投しましたが、5回戦で永徳高校に2失点し敗れました。

高校時代の最高成績は愛知県大会準優勝で、甲子園出場はかないませんでした。

栗林良吏選手は、身体的に恵まれ肩が強いという特徴を持ちながら、高校まではそれほど目立った成績は残していません。

栗林良吏選手は大学に入り急激にその才能を開花させました。

続いては、栗林良吏選手の球種や球速、プレーの特徴について調べてみました。

栗林良吏の球種や球速は?プレー特徴は?

栗林良吏選手は、コントロールが良く、オーバースローから最速153キロのストレートと多彩な変化球を投げ分ける、本格派のピッチャーです。

バッターの内角にズバリと投げ込む強気の投球が特徴です。

まずは栗林良吏選手の投球動画を紹介します。

【ドラフト2020広島一位】栗林良吏の球質分析&投球フォーム【スロー撮影】

セットから膝を高く上げ、タメを作り投げ込むストレートは球威十分です。ストレートの最速は153キロですが、回転数が多いボールはキレがあり、バッターを打ち取るのに十分な威力があります。

変化球はカーブ、カットボール、スライダー、フォークを投げ分けます。カーブは120キロ台で変化量が大きく、内角外角に投げ分けることができ、空振りを獲ることができます。

カットボールは横に変化し、これも空振りを取れるボールです。フォークは落ちる量は少ないのですが、ストレートと同じ軌道から落ちるので、打ち取るボールとして使えます。

栗林良吏選手の攻めの気持ち、そしてストレートと変化球でバッターに的を絞らせない投球は、抑え投手に最も必要なことだと思います。

今シーズン終了後の成績が楽しみです。

続いては、栗林良吏選手の大学と社会人での主な成績について調べてみました。

栗林良吏の大学と社会人でも主な成績は?

栗林良吏選手は高校卒業後名城大学へ進みました。

1年生の春からリーグ戦に出場し、中京大学戦でいきなり初完封勝利を挙げています。1年生春のリーグでは9試合に登板し、7試合先発、5勝、防御率1.69という成績を残しています。

2年生春のリーグでも活躍し、大学野球日本代表候補として選ばれ、選考合宿でストレート最速151キロをマークしました。2年生秋にはさらに球速を上げ、ストレート最速153キロをマークしています。

リーグ戦の結果は2位でしたが、代表決定戦で勝ち明治神宮野球大会に出場しました。

栗林良吏選手の画像②

https://column.sp.baseball.findfriends.jp/

日本代表には3年生の時に、日米野球、ユニバーシアード野球大会に出場し、4試合に登板し7イニングを投げ、7奪三振、1失点、防御率1.29と国際試合での強さも発揮しました。

3年生の春にはリーグ戦で12人目の快挙となる、ノーヒットノーランを達成し、4年生の秋のリーグ戦では25期ぶりのリーグ制覇に貢献しました。

栗林良吏選手は、4年生の2018年10月に行われたドラフト会議で指名されず、当初の予定通りトヨタ自動車に入社しました。

栗林良吏選手は、トヨタ自動車に入社1年目の夏、都市対抗野球2回戦の三菱自動車戦に先発出場し、6回2/3を無失点に抑えました。

栗林良吏選手の画像③

https://full-count.jp/

決勝のJFE東日本戦にも先発しますが、3回2失点で降板し試合も敗れてしまいました。

その後、社会人野球日本選手権に出場し、初戦のマツゲン箕島線戦に先発し、完封勝利を上げました。

中2日空いた2回戦の三菱日立パワーシステムズ戦でも先発し、6回無失点に抑えましたが、チームは敗れてしまいました。

栗林良吏選手はトヨタ自動車のエースとして活躍し、2020年10月に行われたドラフト会議で、広島東洋カープから1位指名を受け入団しました。

大学卒業時にはドラフト指名されず、社会人野球で2年間さらに投球に磨きをかけ、遂にドラフト指名を受けたのです。

続いては、栗林良吏選手のプロ初登板と22試合連続無失点について調べてみました。

栗林良吏のプロ初登板は?22試合連続無失点!

栗林良吏選手は、広島東洋カープ入団1年目の2021年3月27日に行われた中日ドラゴンズ戦で3点リードの9回、佐々岡真司監督から指名され登板しました。

栗林良吏選手は愛知県出身の中日ドラゴンズファンで、「ドラゴンズに入れたら一番良い」とのコメントもありました。

しかし、この場面では中日ドラゴンズを抑える役割が回ってきました。

栗林良吏選手の画像④

https://full-count.jp/

期待に応え見事に三者凡退の投球でプロ入り初登板初セーブを飾りました。

栗林良吏選手はその後6月10日までに22試合に登板し、連続無失点記録を更新し続けました。

今シーズンの成績は、28試合に登板し15セーブを挙げ、東京オリンピック日本代表「侍ジャパン」に選抜されました。

栗林良吏wiki経歴プロフィールは?球種や球速・プレー特徴まとめ!

栗林良吏選手は大学卒業時になしえなかったドラフト指名を、社会人野球を2年経験しリベンジを果たしました。そして東京オリンピック日本代表「侍ジャパン」にも選ばれました。

栗林良吏選手の東京オリンピックでの活躍、シーズンでの活躍が楽しみです。

栗林良吏選手の益々の活躍を期待しております。

最後までご覧いただき有難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました