奈良くるみ出身地や高校大学は?兄弟や家族構成も調べてみた!

スポーツ

奈良くるみ選手はジュニア時代からテニスの天才少女と評され、国内大会を総ナメにしてプロ転向し、WTA女子テニス協会最高ランキング32位の実績を持つプロテニスプレーヤーです。

現在は100位台のランキングですが、昨年復調のきっかけをつかみ今後の活躍が大いに期待されています。

奈良くるみ選手の経歴プロフィール、高校大学、主な成績、兄弟や家族について調べてみました。

詳しく調べてみましたので、ぜひ最後までご覧ください。

奈良くるみの経歴プロフィールは?

氏名:奈良くるみ(なら くるみ)
生年月日:1991年12月30日
出身地:兵庫県川西市
身長:155.5cm
体重:52kg
利き手:右
バックハンド:両手打ち
小学校:川西市立牧の台小学校
中学校:大阪産業大学附属中学校
ツアー歴:
(デビュー年)2009年
(ツアー通算勝利)1勝
(生涯獲得賞金額)$2,604,198

奈良くるみ選手は3歳でテニスを始め、江坂テニスセンターで元テニスプロ選手の水主勝氏や望月寛子氏の指導を受けていました。

奈良くるみ選手はジュニア時代から天才テニス少女として国内大会を総ナメにしました。

2002年(10歳小5)全国小学校テニス選手権大会準優勝
2003年(11歳小6)全国小学校テニス選手権大会優勝
2004年(12歳中1)全国中学生テニス選手権大会優勝
2006年(14歳中3)全日本選手権出場

奈良くるみ選手は天才少女と言われた通り、素晴らしい勢いで駆け上がって行きました。

奈良くるみ選手の画像①

https://www.afpbb.com/

一流アスリートの多くは、ジュニア時代に挫折やスランプを経験しているのですが、奈良くるみ選手のジュニア時代のキャリアには、そのようなものは見当たりません。

続いては、奈良くるみ選手の高校大学と主な成績について調べてみました。

奈良くるみの高校大学は?主な成績は?

奈良くるみ選手は中学卒業後そのまま大阪産業大学付属高等学校へ進学しました。

2007年高校1年で出場した18歳以下の全日本ジュニアテニス選手権では、優勝という素晴らしい成績を残しました。

2007年ウィンブルドン選手権ジュニアダブルスでは、土居美咲選手と組み準優勝という結果を残しました。

同年の世界スーパージュニアテニス選手権大会では日本女子としては5年ぶりの優勝を飾りました。

奈良くるみ選手は2009年にはプロに転向し、ツアーに参戦しました。

奈良くるみ選手は高校卒業後大阪産業大学に進みました。

奈良くるみ選手がプロに転向し、ツアー参戦後の4大大会の主な成績を紹介します。

大会 成績
2010年 全英 2回戦
2013年 全米 3回戦
2014年 全豪 3回戦
全仏 2回戦
全英 2回戦
全米 1回戦
2015年 全英 2回戦
2016年 全英 2回戦
2017年 全仏 2回戦
全米 3回戦
2019年 全仏 2回戦

奈良くるみ選手は2017年の全米3回戦出場以降良い成績が残せていません。

プロに転向して10年間、世界を飛び回ってテニスツアーの毎日を過ごし、現在のランキング100位台、少し疲れが出てきてもおかしくないと思います。

ちょうど今はツアーが休みで充電のための時間があります。

この時間を上手く活用して、次のチャレンジのために、メンタルとフィジカルの充実に努めてもらいたいと思います。

奈良くるみ選手と大阪なおみ選手の試合動画を紹介します。

ドリームテニス 大阪なおみ&奈良くるみ NO1

続いては、奈良くるみ選手の兄弟や家族について調べてみました。

奈良くるみの兄弟や家族は?

奈良くるみ選手は、父親・母親・弟の4人家族です。

ご両親の情報はネット上になかったのですが、イケメンの弟さんとの写真がありました。

奈良くるみ選手の画像

https://narakurumi.thetennisdaily.jp/

奈良くるみ選手と子供さんと弟さんの写真です。弟さんと奈良くるみ選手よく似ています。

奈良くるみ出身地や高校大学は?兄弟や家族構成も調べてみた!まとめ

奈良くるみ選手はまだまだ若く、10代から経験した世界レベルのテニスの知識を生かせば、きっと自己最高ランキング更新も夢ではありません。

今後の活躍を大いに期待しています。

最後までご覧いただき有難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました