川越誠司(西武)経歴プロフィールは?登場曲は青雲のうた!

野球

川越誠司選手は西武ライオンズ期待のプロ野球選手です。今年から登場曲を「青雲のうた」に変え、練習試合では2ランホームランでチームの勝利に貢献し、プロ5年目で初めて開幕一軍登録されました。

西武ライオンズでは、昨年シーズン最多安打の秋山翔吾選手がMLBのレッズに移籍し、ポスト秋山として大いに期待しています。

川越誠司選手の身長体重経歴プロフィール、登場曲「青雲のうた」について調べてみました。

詳しく調べてみましたのでぜひ最後までご覧ください。

川越誠司(西武)の身長体重経歴プロフィールは?

氏名:川越誠司(かわごえ せいじ)
生年月日:1993年6月30日
身長:174cm
体重:80kg
投打:左投・左打
出身地:北海道札幌市豊平区
小学校:札幌市立豊平小学校
中学校:札幌市立八条中学校
(札幌豊平東シニア所属)
高等学校:北海高等学校
大学:北海学園大学
プロ野球所属チーム:埼玉西武ライオンズ

川越誠司選手の画像

https://www.seibulions.jp/

川越誠司選手は小学校2年生の時に野球を始めました。中学校時代に所属した札幌豊平東シニアでは投手としてプレーしていました。

北海高等学校時代は3年生の時に、選抜高等学校野球大会(春の甲子園)に4番右翼主として出場し、3試合で12打数6安打、1本塁打、2打点、打率5割と活躍しました。

全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)では4番右翼手として1試合に出場し、4打数1安打、1打点、打率2割5分という成績でした。

大学時代は4番打者と投手の「二刀流」で活躍し、2015年のドラフトで西武ライオンズから2位指名を受け入団しました。

プロ野球選手の多くは幼いころ、4番ピッチャーという経験をしています。川越誠司選手もその一人で、幼いころからずば抜けた投球と打球で周りの皆を驚かせていたのだと思います。

そんな才能ある選手でもプロ野球の世界で「二刀流」は難しいのでしょうね。今後の野手としての活躍を期待しています。

続いては、川越誠司選手の登場曲「青雲のうた」と西武辻監督も絶賛について調べてみました。

川越誠司(西武)の登場曲「青雲のうた」は?西部辻監督も絶賛!

川越誠司選手はプロ5年目の今年登場曲を線香のCM「青雲のうた」に変更しました。これまでは「ゴジラ」の登場曲でしたが、オープン戦から変えることを考えていました。

川越誠司×青雲のうた

「青雲のうた」を勧めたのは、同じ西部の先輩で2年連続ホームラン王の山川穂高選手でした。

2020年プロ野球練習試合の楽天戦で、川越誠司選手は「青雲のうた」で登場し勝ち越しの2ランホームランを放ちチームの勝利に貢献しました。

「青雲のうた」の「青雲」は日本香堂の線香の商品名です。「青雲のうた」は森田公一氏が作曲し、1981年からテレビCMで使われ森田公一氏自身が歌っていました。今年からは笑点でお馴染みの林家たい平さんが歌って、連凧と富士山の映像とともに流れています。

林家たい平さんの「青雲のうた」動画を紹介します。

青雲 強く生きよう・令和ハーモニー 2020篇

日本香堂社も公式ツイッターで反応しています。

 

西武の辻監督も「青雲のうた」の連凧のイメージがホームランにつながると絶賛しています。

多くのプロ野球選手はアップテンポな登場曲を選んでいます。山川穂高選手と中田翔選手の登場曲を紹介します。リンクを張りましたので時間のある方はお聞きください。

(西武)山川穂高選手:オジー自慢のオリオンビール(BEGIN)

(日本ハム)中田翔選手:PERFECT HUMAN(RADIO FISH)

川越誠司選手の登場曲「青雲のうた」はゆっくりとした曲調で、線香の香りを思い起こさせてくれます。集中と緊張の中、川越誠司選手は「青雲のうた」のリズムで、ゆったりとリラックスして強いスイングができるのだと推測しました。

川越誠司(西武)経歴プロフィールは?登場曲は青雲のうた!まとめ

川越誠司選手の打力はもちろん魅力ですが、元ピッチャーの強肩を生かした、外野からの送球でも大いに見せ場を作ってくれるでしょう。

川越誠司選手の今後の活躍を期待しております。

最後までご覧いただき有難うございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました