新庄剛志姉の高校は?病気の病名や症状は?

野球

新庄剛志さんは想像を絶する言動で現役時代は「宇宙人」と称された、誰からも愛される元プロ野球選手です。

阪神タイガースからアメリカ・メジャーリーグに渡り、日本に復帰して北海道日本ハムファイターズで日本一となり引退し、そして今48歳となりプロ野球復帰を目指しています。

新庄剛志さんの姉の高校・超優秀、病気の病名や症状、図抜けた身体能力、父親とのキャッチボール、野村克也元監督との師弟関係などを調べてみました。

詳しく調べてみましたので、ぜひ最後までご覧ください。

新庄剛志姉の高校は?超優秀いつも100点とは?

新庄剛志さんは造園業を営む家庭で生まれ、2歳年上のお姉さんと二人兄弟です。

お姉さんはスポーツ万能で、勉強も超優秀で試験はいつも100点でした。

新庄剛志さんはお姉さんが勉強している姿を一度も見たことがなく、偏差値76もある高校でトップの成績でした。

参考までに偏差値76以上の高等学校を調べてみました。凄い進学校ばかりです。

灘高等学校(兵庫) 79
開成高等学校(東京) 78
慶應義塾高等学校(神奈川) 76
星雲高等学校(長崎) 76
久留米大学高等学校(福岡) 76

新庄剛志さんお姉さん画像

https://clippy.red/

ある時、新庄剛志さんがお姉さんに「姉ちゃん、なんで勉強してないのに、いつも100点を取れるの?」と訊ねると、「そんなもん、先生の言っていること聞いてたらわかるやろ」とかえってきました。

新庄剛志さんは、「僕にはまったく理解できない世界だった。」と語っています。

確かにお姉さんのような生徒がまれにいますよね。特殊な才能があるのでしょうね。

そういう生徒はスポーツや芸術にも優れていることが多いと思います。

続いては、新庄剛志姉とのアイスクリームの思い出について調べてみました。

新庄剛志姉とのアイスクリームの思い出とは?

二人が子供の頃、3ヶ月に1度アイスクリームを買ってもらえることがありました。

そんなある日、お姉さんはアイスクリームを片手によそ見をして人とぶつかってしまい、買ってもらったばかりのアイスクリームを落としてしまいました。

新庄剛志さんは可哀想に思い、自分のソフトクリームを差し出して、「食べていいよ」と渡しました。

そして、ちょっと目を離していたら、お姉さんがアイスクリームを全部食べてしまったのです。

新庄剛志さんはその時の心境を「もう最悪。こんな人間にはなりたくない!」と語っています。

さぞや悲しく悔しかったでしょうが、新庄剛志さんは子供ながらに我慢したのでしょうか。

続いては、新庄剛志さんの姉の病気、病名や症状について調べてみました。

新庄剛志の姉の病気は?病名や症状は?

新庄剛志さんが『シンソウ!坂上』というTV番組に出演し、お姉さんが難病であると語っていました。

お姉さんの病状について、新庄剛志さんは「歩くと筋肉がギューと縮まる」「真っ黒に肌がなる体になってしまう」と語っています。

ネット上でそのような症状の難病について調べてみましたが分かりませんでした。

お姉さんに関することを話している動画がありましたので紹介します。長い動画ですので1:21:40から見てください。

4月16日 プロ野球ニュース 直撃!シンソウ坂上SP【プロ野球復帰宣言!新庄剛志に独占密着&バリ島移住生活】

とても長い動画ですがぜひ時間があるときにご覧ください。新庄剛志さんの人生が語られています。

新庄剛志さんは「プロ野球に復活して、お姉ちゃんにもその姿を見せたい」と話しています。

動画の様子から、新庄剛志さんがお姉さんをとても慕っていることが伝わってきます。

続いては、新庄剛志さんの身長体重経歴プロフィール、図抜けた身体能力について調べてみました。

新庄剛志の身長体重経歴プロフィールは?図抜けた身体能力!

氏名:新庄剛志(しんじょう つよし)
生年月日:1972年1月28日
出身地:長崎県対馬市
身長:181cm
体重:76kg
体脂肪率:3%(最低時)
スリーサイズ:胸囲105cm・胴囲76cm・腰囲95cm(1993年)
股下:88cm(2001年)
視力:左右とも1.5(1993年)
握力:右88kg・左79kg(1993年)
背筋力:220kg(1993年)
100m走:11.7秒
出身高校:西日本短期大学附属高等学校
ポジション:外野手(主に中堅手)、内野手
所属チーム:
(1990~2000年)阪神タイガース
(2001年)ニューヨーク・メッツ
(2002年)サンフランシスコ・ジャイアンツ
(2003年)ニューヨーク・メッツ
(2004~2006年)北海道日本ハムファイターズ

新庄剛志さんは図抜けた身体能力の持ち主です。

新庄剛志さんの画像①

https://ranranchiichii.com/

体脂肪についてですが、引き締まった体形の一般男子の体脂肪率平均は11~13%ですので、新庄剛志さんの3%は凄い数値です。

握力についてですが、一般男性の平均は47kg、優れている男性は58kgとなっています。新庄剛志さんの88kg・79kgはお相撲さん並みと言われています。

背筋力についてですが、優れている男性の背筋力は体重の3倍と言われています。新庄剛志さんの体重は76kgなので3倍すると228kgです。新庄剛志さんの背筋力も優れています。

100m走の11.7秒もすごい数字です。陸上競技選手としても世界で活躍できたかもしれません。

身体能力の高さは持って生まれたものと、その後に鍛えられて備わるものだと思います。新庄剛志さんはご両親から優れた身体能力を受け継ぎ、その後鍛えられてこのような身体を手に入れたのだと思います。

続いては、新庄剛志さんの小学校時代と父親とのキャッチボールについて調べてみました。

新庄剛志の小学校時代は?父親とのキャッチボール?

父親の英敏さんは造園業を営んでいました。

自分が果たせなかったプロ野球選手になる夢を、何が何でも息子には叶えさせたかったのです。

新庄剛志さんは、小学1・2年は町内のサッカーチームに所属していましたが、その後ソフトボールを経て野球にのめり込みました。

新庄剛志さんの画像②

https://baseballking.jp/

新庄剛志さんは、足の速さと肩の強さは図抜けていて、6歳の頃には大人より遠投ができるほどでした。

新庄剛志さんは小学2年生の頃から、父親と自宅近くの坂道でキャッチボールをしていました。坂上の新庄剛志さんがボールを後ろにそらすと、父親に「横着せずにボールが戻ってくる前に追いつけ」と言われ新庄剛志さんは走らされました。

小学校高学年になると新庄剛志さんは、家業の造園を手伝って重い石などを持つ作業を手伝っていました。

新庄剛志さんの図抜けた身体能力は、このようにして磨かれたのだと思います。

続いては、新庄剛志さんの野村克也元監督との師弟関係について調べてみました。

新庄剛志と野村克也元監督の師弟関係は?

新庄剛志さんは、阪神タイガース時代最後に指導を受けたのが野村克也元監督です。

野村克也元監督は新庄剛志さんの現役時代を振り返り、「もっとアタマを使う習慣があったら、長嶋茂雄どころではない、長嶋をも超える、最強の選手になっていたかもしれない」と語っています。

新庄剛志さんの画像③

https://www.zakzak.co.jp/

野村監督のアドバイスを逃さず聞こうとしているように見えます。

そして、新庄剛志さんも著書の中で「ウマが合った。選手個人の性格をうまく見抜いて、それを利用する」「監督の言葉で力を出すことができた」と語っています。

ストレートに物を言う新庄剛志さんを、上手く使える指導者は少ないと思うのですが、新庄剛志さんは「ウマが合う」野村克也元監督と出会いました。

多くの優れたアスリートが、そのキャリアの大事なタイミングで、必ず良き理解者や良き指導者に出会っています。新庄剛志さんもその一人だと思いました。

続いては、新庄剛志さんがバリ島暮らしとプロ野球に復帰について調べてみました。

新庄剛志がバリ島暮らし?プロ野球に復帰とは?

新庄剛志さんは現在独身で、インドネシア・バリ島の家賃3万円6畳の部屋で暮らし、日々トレーニングに励んでいます。

家族はポメラニアンの「ラナちゃん」一匹だけです。

新庄剛志さんは自身のインスタグラムで現役復帰を「みんな、夢はあるかい?1%の可能性があれば必ずできる。今日からトレーニングを始めて、もう一回プロ野球選手になろうと思います」と公表しました。

友人である清原和博さんが、「World Tryout2019」の監督就任したことに刺激を受けたと話しています。

新庄剛志さんの画像④

https://www.zakzak.co.jp/

親友清原和博さんとの再会です。

「World Tryout」は、これまで開催されていた日本プロ野球で戦力外となった選手を対象とした「12球団合同トライアウト」と異なり、プロ野球だけではなく、独立リーグ、アマチュア野球、マイナーリーグなどに幅を広げた入団テストです。

優秀選手にはクラウドファンディングを活用して資金援助を行い、様々な野球チームへの入団のチャンスを与えるとしています。

「World Tryout2019」の参加者リストには新庄剛志さんの名前はありませんでした。

新庄剛志さんがどのようにしてプロ野球復帰を果たすのかは分かりませんが、多くのファンが復帰を期待していることは間違いありません。

新庄剛志姉の高校は?病気の病名や症状は?まとめ

この記事を書きながら、改めて新庄剛志さんがエンターテイナーとしてスーパースターなのだと実感しました。

ファンに愛され、チームメイトに好かれ、監督に可愛がられる、野球選手という枠を超越したエンターテインメントという世界のスーパースターです。

プロ野球に復帰すればファンは大喜びするでしょうし、復帰しなくても野球に関わる何かをして欲しいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました