孫穎莎(ソンエイサ)wiki経歴身長体重!ラケットやかわいい画像も調査!

卓球

2019年卓球ワールドカップ団体戦に中国代表として出場している孫穎莎選手。読み方も難しい孫穎莎選手のプロフィールや経歴、使用しているラケットについて調べてみたところ、「ソンエイサ」という読み方で2000年生まれの19歳中国河北省・石家庄市の出身身長が160cmであることがわかりました。

そんな孫穎莎選手について、可愛い画像なども交えてまとめてみましたのでご覧ください。

孫穎莎(ソンエイサ)のwiki風経歴プロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

横山達也TatsuyaYokoyama(@tatsuya_tl_fan)がシェアした投稿

プロフィール

名前:孫穎莎
読み:ソンエイサ
英語表記:Sun Yingsha
生年月日:2000年11月4日
年齢:19歳(2019年11月現在)
国籍:中国
出身地:中国河北省・石家庄市
身長:160cm
利き腕:右
戦型:シェークドライブ型

経歴

孫穎莎選手は中国河北省・石家庄市の出身です。

孫穎莎選手は5歳の時に卓球を始めましたが、その当時から指導していたコーチにその時点で才能を認めるほどだったそうです。

10歳の時に河北省女子チームの監督に認められ、河北省チームに参加するようになりました。

2017年にはワールドツアー初出場となったワールドツアー・ジャパンオープンでシングルスとダブルスでいきなりの2冠を獲得し、鮮烈な世界デビューを果たしました。その後、中国オープンでは準優勝を飾り、2017年は飛躍の年となりました。同年に行われたアジアジュニア選手権では4冠、世界ジュニア選手権でも3冠を達成しています。

2018年のユース五輪では団体、シングルスの2冠を達成しました。

2019年4月の世界卓球で初めて中国代表として出場し、シングルス3回戦で日本の伊藤美誠選手に勝利しました。同大会のシングルスではメダルが取れませんでしたが、女子ダブルスで金メダルを獲得しました。

2019年10月のITTFワールドツアー「スウェーデンオープン」では4月の世界卓球で破った伊藤美誠選手に敗れました。

2019年11月に世界ランクが自己最高の3位に上がりました。

孫穎莎(ソンエイサ)の読み方は?

孫穎莎選手ですが、名前を何と読むかわかりますか?

調べてみたところ、日本読みでは「ソンエイサ」と読むそうです。

「ソンリサ」やと記載しているところもありますが、最近では「ソンエイサ」と記載されることが多いようです。

「ソンエイサ」と「ソンリサ」以外だと「スンインシャ」という記載もありましたが、これは英語表記が「Sun Yingsha」であることから、中国語での読みが「スンインシャ」に近い音なのではないでしょうか。

「ソンエイサ」はあくまで日本での読み方、になります。

孫穎莎(ソンエイサ)の身長体重は?

孫穎莎選手の身長は160cmで体重は非公表です。

160cmという身長は日本人女性でいうとごく平均的な身長ですよね。

卓球選手としては高いのでしょうか、低いのでしょうか。

2019年10月から開催された卓球ワールドカップ団体戦の中国代表のメンバーと比較してみましょう。

陳夢(Chen Meng) 163cm
丁寧(Ding Ning) 172cm
王曼昱(Wang Manyu) 176cm
劉詩雯(Liu Shiwen) 161cm
孫穎莎(Sun Yingsha) 160cm
孫穎莎選手は中国代表の中では最も身長が低いです。
一番大きい王曼昱選手は176cmもありますので16cmも違うことになります。
そう考えると、卓球選手は一般的に身長が高い方が有利なのでしょうか。
参考までに、中国と優勝を争うほどの実力がある日本代表の卓球ワールドカップ団体戦のメンバーの身長がこちらになります。
伊藤 美誠 150cm
石川 佳純 157cm
平野 美宇 156cm
佐藤 瞳 163cm
佐藤瞳選手以外は全員孫穎莎選手よりも身長が低いですね。
伊藤美誠選手にいたっては孫穎莎よりもさらに10cmも低い150cmです。
もし、150cmの伊藤美誠選手と176cmの中国の王曼昱選手が戦ったら身長差26cmの戦いになりますね。もはや見た目は大人と子供の戦いのようになってしまいます。
こう見てみると、卓球は身長の大小による有利不利はあまりないのかもしれませんね。
体重については非公表のためわかりませんでしたが、50kg~60kgぐらいだと推測されます。
アスリートですので極端に痩せていることはありませんので、40kg台ということはないと思います。

孫穎莎(ソンエイサ)のラケットは?

孫穎莎選手はどのようなラケットを使っているのか調べてみました。

孫穎莎選手は以前はラケットがカーボネード145、フロントラバーがキョウヒョウ3、バックラバーがテナジー05という組み合わせにしていました。

2017年9月頃から、ラケットがカーボネード45、フロントラバーがキョウヒョウ3、バックラバーがキョウヒョウ3という組み合わせに変更してきました。

ラケットそのものを変更し、さらにバックラバーも変え、フロントラバーとバックラバーを同じものにしていますね。

ちなみにこのフロントラバーとバックラバーの組み合わせは同じ中国代表の陳夢選手と同じ組み合わせになります。

強豪選手は比較的同じ組合わせが多いのかな、と思いましたが、同じく中国代表の劉詩雯選手はフロントラバーがキョウヒョウ3でバックラバーがディグニクス05と違う組み合わせです。

選手によって組み合わせは変わってくるようです。

あまり気にすることもないかもしれませんが、ラケットに注目して見てみるのも面白いのではないでしょうか。

孫穎莎(ソンエイサ)のかわいい画像

卓球の実力もかなり高い孫穎莎選手ですが、そのビジュアルも可愛らしいと言われています。

そんな孫穎莎選手の画像をまとめてみました。

日本の伊藤美誠選手と戦っている孫穎莎選手ですが、試合中はさすがに険しい表情ですね。

一度試合から離れるとこのようなかわいい表情も見せてくれます。

左が孫穎莎選手選手です。

世界一を争うほどの選手ですが、まだ10代ですからね。試合が終われば普通の10代という感じの可愛らしい表情を見せてくれます。

孫穎莎選手選手は10代と若いのもそうですが、髪型もショートカットでボーイッシュなのもあってかわいらしく見えますよね。

少し前の画像も見つけたので紹介しますね。

2017年なのでまだ16歳か17歳の頃の孫穎莎選手です。

さすがにさらにあどけない感じで可愛いですね。

こうやって見てみると、まだ幼い雰囲気は残っていますが2年ぐらいでだいぶ大人っぽくなってきた感じがします。

2020年には20歳になる孫穎莎選手。これからどんどん綺麗になっていく年頃だと思いますので、ビジュアル面を注目して見てみるのもいいかもしれませんね。

孫穎莎(ソンエイサ)wiki経歴身長体重!ラケットやかわいい画像も調査!まとめ

今まであまり知られていなかった孫穎莎選手のプロフィールや経歴、身長体重、ラケットやかわいい画像についてもまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

まだ19歳でありながら世界で戦っているということに驚かされましたね。

まだまだこれからも活躍してくれると思いますので、そのビジュアルの成長にも期待しながら見ていきたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました