マルセルキッテル経歴wiki!結婚した嫁画像や・年収についても調べてみた!

スポーツ

マルセルキッテル選手はドイツ出身の自動車競技選手です。プロ通算89勝、ツール・ド・フランス通算14勝など輝かしい実績を誇るマルセルキッテル選手ですが、先日引退を発表しました。そんなマルセルキッテル選手の経歴や嫁の情報について調べましたので御覧ください。

マルセルキッテル経歴wikiプロフィール!身長体重は?

引用:https://pedalista.net/road-race

本名 Marcel Kittel(マルセル・キッテル)

生年月日 1988年5月11日 ※2019年10月時点で31歳

国籍 ドイツ

身長 188cm

体重 82kg

自動車競技選手として

分野 ロードレース

特徴 スプリンター

 

1988年にドイツで生まれたマルセルキッテル選手は2005年と2006年の世界選手権ジュニア個人タイムトライアル部門で連覇を果たし、2007年、2010年のドイツのU23個人タイムトライアル王者になるなど、アマチュア時代から活躍していました。

 

2011年にプロ転向してからは、2011年にシーズン17勝、翌2012年にシーズン13勝と順調に勝ちを重ね、2013年にはツール・ド・フランスで初のステージ優勝を飾りマイヨジョーヌを獲得するなど、シーズン16勝をあげました。

 

2014年もシーズン13勝を飾り、コンスタントに勝利を重ねていたマルセルキッテル選手ですが、2015年はウイルス性の感染症を患い、復帰後も自身の不調とチームとの確執もありシーズン1勝に終わってしまいました。

 

2016年はチームを移籍してシーズン12勝をあげて復活を遂げ、2017年もツール・ド・フランスでステージ5勝など大暴れしたものの、年俸高騰のため、2018年はチーム・カチューシャ・アルペシンに移籍した。しかし、2018年は自身の不調とチームとのフィットに問題を抱えシーズン1勝に終わってしまいました。翌2019年も1勝はしたものの不調は続き、5月にチームとの契約を解消し休養に入り、8月に引退を発表しました。

マルセルキッテルの結婚した嫁画像は?元バレー選手!

マルセルキッテル選手の嫁はTess von Piekartzさんという方です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

‘Duck faces really make you look smart and classy’, said no one ever 🤓 #seeyouintwoweeks #dustibun #suziepoo

Tess von Piekartzさん(@tessvonpiekartz)がシェアした投稿 –

Tessさんはオランダ出身の元バレーボール選手です。

2018年にバレーボール選手を引退し、2019年にはマルセルキッテル選手との子供を妊娠していることを公表しています。

マルセルキッテルの引退理由は?

マルセルキッテル選手は引退する際に以下のメッセージを公式サイトで発表しています。

 

Can I and do I want to continue to make the sacrifices needed to be a world-class athlete? And my answer is: No, 

「私はワールドクラスのアスリートであるための犠牲を払い続けることが出来るのか?答えはノーだ」

引用:https://www.marcelkittel.de/

アスリートとしての生活に限界を感じていたことが伺えます。

また同じメッセージの中で以下の内容についても言及しています。

 

I know that there is much more than just sport, for example my own future family.

「私は私の将来の家族のようにスポーツ以上のものがあることを知っている」

引用:https://www.marcelkittel.de/

このメッセージからも、家族を犠牲してアスリートを続ける意思がないことが伺えます。

おそらくはTessさんとの未来もイメージしていたのではないでしょうか。もしかしたらその時点でTessさんの妊娠が判明していて、子供の将来のことも考えたのかもしれません。

世界的な自動車競技選手はレースに出場するために世界を転々とするだけでなく、トレーニングでのキャンプなどで海外に滞在することが多く、家族と離れて過ごす時間がどうしても多くなります。

マルセルキッテル選手は自分が家庭を持つということと自身の年齢のことなどを考慮して引退を決断したのではないでしょうか。

いずれにしましても、マルセルキッテル選手が引退する理由の大部分を家族のことが占めていことは間違いないと思われます。

マルセルキッテルはトップスプリンター!年収がヤバい?

引用:http://saitama-criterium.jp

スプリンターの年俸の仕組みやトップ選手の年俸はどのように決まるのでしょうか?

ロードレースのプロ選手の給料ですが、国際自転車競技連合(UCI)によってカテゴリーと年齢に分かれて最低年俸が規定されています。

 

まず、ワールドツアープロチーム(以下WTT)ですが、25歳以上が30,893ユーロ(約408万円)、26歳以上が38,115ユーロ(約504万円)となっています。

 

次にプロフェッショナルコンチネンタルチーム(以下PCT)ですが、25歳以上が25,806ユーロ(約341万円)、26歳以上が30,855ユーロ(約408万円)となっています。

 

ちなみに、マルセルキッテル選手が引退前に所属していたチーム・カチューシャ・アルペシンはWTTに所属しており、マルセルキッテル選手は26歳以上ですので、チームから支払われる年俸は最低でも約504万円となります。

 

これだけ見ると日本のサラリーマンと大差ないように見えますが、あくまでこれは最低年俸であり、マルセルキッテル選手ほどの実績があれば、もっと多額の年俸をもらっていたことは間違いありません。調べてみたところ、3,000,000ユーロ(約4億550万円)とも言われています。

 

先ほどの最低年俸と比較すると100倍近い差がありますが、これは他のプロスポーツ同様、実績のある選手や能力の高い選手とそうでない選手で雲泥の差があるためです。

日本のプロ野球選手と比較するとわかりやすいです。

 

日本のプロ野球選手の最低年俸は1軍選手で1,500万円、2軍選手は440万円、育成選手で240万円となっています。逆に2019年の最高年俸は巨人の菅野智之選手で6億5000万円(推定)となっています。

おおよそ同じぐらいの価格感ですよね。プロの世界はそれだけ活躍すればお金がもらえる夢の世界だということですね。

 

さらに、他のプロスポーツ選手にも同じことが言えますが、チームから支払われる年俸以外にも、スポンサー収入やメディア出演料等の収入があるといえます。

そう考えるとマルセルキッテル選手が得ていた年収は年俸の約4億550万円よりもさらに多額であったと推測されます。

マルセルキッテルのイケメン画像!筋肉画像もスゴイ!

マルセルキッテル選手は引退こそしてしまいましたが、2019年10月時点で31歳とまだ若いです。そんなマルセルキッテル選手のイケメン画像を探してきました。

どうでしょうか?イケメンですよね!

 

さらに、筋肉画像も探してみました。

 

View this post on Instagram

Beach, beach, beeeeach!!

A post shared by Marcel Kittel (@marcelkittel) on

 

ロードレースの選手ということで太ももは当然ながら、上半身も腹筋がしっかり割れていて美しいですよね。

 

こんなイケメンでいいカラダしててお金も持ってるんだからモテることは間違いないですね!

 

マルセルキッテルに関するネットの声は?

 

マルセルキッテル選手に関するネットの声ですが、やはり引退を惜しむ声が多いようです。

 

最後に所属していたチームとあっていなかったという噂もあって、他のチームで復帰を望む声もありますが、引退の理由に家族のことなどもあるように、もう気持ちの面でも復帰は難しいのではないかな、と思います。

マルセルキッテル経歴wiki!結婚した嫁画像や・年収についても調べてみた!まとめ

先日惜しまれながらも引退したマルセルキッテル選手の経歴や嫁や年収について調べてみました。今後は現役時代の蓄えも十分あるでしょうし、家族と幸せな生活を送っていくのではないかと推測されます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました