板東湧梧経歴やwiki風プロフィールは?出身地や高校中学も気になる!

スポーツ

板東湧梧経歴やwiki風プロフィールは?出身地や高校中学も気になる!と話題です。福岡ソフトバンクホークスに入団した板東湧梧選手について「イケメン!」という言葉を耳にします。実は、板東湧梧選手は甲子園にも出ていてその時にも、女子達のハートを鷲掴みにしていた注目選手でした!今回は、板東湧梧経歴やwiki風プロフィールは?出身地や高校中学について徹底調査してみました!ぜひ最後までご覧ください。

板東湧梧のプロフィールは?

まずは板東湧梧選手のプロフィールからご紹介していきます!

板東湧梧画像

引用:https://www.nishinippon.co.jp

名前       板東湧梧(ばんどう ゆうご)
生年月日    1995年12月27日
出身       徳島県
身長       182cm
体重       78kg
血液型    AB型
ポジション   投手
投打 右投げ右打ち
ドラフト   2018年のドラフト会議でソフトバンク4位指名。

続いては、板東湧梧選手の出身地や出身校についても調べてみました!

板東湧梧出身地や出身校での経歴は?

小学校時代

板東湧梧選手は、祖父が野球好きで従兄弟2人も野球をやっていたこともあり、地元の鳴門市にある野球少年団に小学2年生の頃に入団し野球を始めました。

当時の板東湧梧選手にとっては従兄弟2人は憧れの存在でした。

身内が野球をやっていたからこそ、野球の素晴らしさや楽しさを目の当たりにし、興味が出てきたのかもしれません。

入団当初は、外野手、内野手を経験し、次第に投手をやるようになったようです。

オールマイティーこなせるセンスが、この頃からあったのかもしれません。

この頃は、兎に角野球に没頭する日々で、お母さんはノックなどに付き合ってくれた様です。

その努力も認められて、遂にチームのキャプテンを任されますが、エースにはなれなかったそうです。

キャプテンという責任ある立場を任せられるという事は、チームメイトや監督から信頼されていたのですね。

中学校時代

小学校を卒業後は、地元の大麻中学の野球部に入りました。最初は野手からのスタートでしたが、中心的な選手ではなく、空きがある場所を守るという2軍選手でした。主に、内野を守っていたそうです。

ところが、板東湧梧選手の先輩が引退してからはエースになりました。しかし、当時の同地区内のライバル校に負けてしまい、その年は上のステージへ進むことはできませんでした。しかし、相手選手は当時の板東湧梧選手の事を「コントロールがよく、打たせて取るピッチャー」だとその実力を認めていました。

実は、その負けたライバル校にはのちに板東湧梧選手の出身高校でバッテリーを組むことになる選手がいました。

出だしは、2軍選手だったはずが最後にはエースになるなんて夢のような話ですね!

“空きがある場所を守る事”この時間を、ただ守るのではなく自分の為に、そしてチームの為にどう守るかなど1つ1つ考えながら、有効な時間に変えて守っていたのだと思います。

高校時代

中学卒業後は、高校に進学をして野球を続けました。地元の出身中学を卒業する頃には、全国でも屈指の強豪校からの誘いもあったそうです。しかし、鳴門高校への進学を決めます。

鳴門高校に進学した理由は、同じ中学や鳴門地区のメンバーとの仲がよかったようで「皆で甲子園へ行きたい!」と思ったのが理由だそうです。昔からの友人達と一緒に必死に、野球を通して目標を達成させたい!という気持ちが、とても感動しますね!

高校に進学してすぐ、1つ上には、板東湧梧選手よりいい球を投げることが出来る投手が数名いた為、野手へ転向しました。

チーム内では、出身中学でも経験した2軍選手に逆戻りとなりました。そんな中、チームは春、夏と共に甲子園に出場しました。もちろん、板東湧梧選手にとっても夢の舞台でしたが、この時は甲子園に出場することができませんでした。

その後、上級生が卒業し投手が引退した為、板東湧梧選手にチャンスが舞い降りました。なんと、この年のエースに繰り上がりました!出身中学でも、一度は2軍を経験していますが、今回もエースとして戻ってくる板東湧悟選手は素晴らしいですね!

もちろん、この結果は日々の努力を監督がしっかり見ていたからだと思います。

そしてエースとして、春夏共に甲子園出場しました。夏の甲子園では、63年ぶりのベスト8まで進出しました。そして、この時に板東湧梧選手のルックスが注目され、全国に存在が知れ渡りました。

甲子園から、ルックスが注目されてプロになっても女性ファンが多い選手は沢山います。

板東湧梧選手は、典型的なそのパターンであると思います。恐らく、出身高校でもモテモテだったと思います。

JR東日本時代

プロには志願せずに社会人として野球を続けることにした板東湧梧選手は、1年目から投手として公式戦に出場しました。3年目には、スポニチ大会・大阪ガス戦で、初完投勝利を上げました。

高校時代から、徐々に花が開いてきてようやく開花したのだと思います!

この年には、プロからスカウトされますが、肘痛を発症しこの年のプロ入りは断念しました。

その後、復帰をして入社5年目になる2018年、チームの主力投手として都市対抗野球でベスト4入りを達成しました。

続いては、板東湧梧選手の母親に関する話題についても調べてみました!

板東湧梧の母親は若くて超美人!画像はある?

板東湧梧選手といえば…母親が美人らしいという事をネットで、よく見かけます。

調べて見ると、画像まで出てきました!

板東湧梧選手が甲子園に出場した際に、応援席のアルプススタンドにお母様が来ていたようで、全国放送のカメラに映っていたようです。

とても美人な方ですね。

板東湧梧選手は母子家庭で、お母様は女手ひとつで板東湧梧選手を育てたようです。

子どもを育てるには、数千万掛かると言われているこの時代に、女手ひとつでしかも野球までやらせてあげているお母様は、素晴らしいお母様ですね。

野球は、グローブやバットだけでもかなりの金額がかかりますから…

板東湧梧選手も感謝の気持ちで一杯だったと思います。

続いては、板東湧梧選手の気になる熱愛情報や彼女にまつわるうわさを調べてみました!

板東湧梧に彼女はいる?熱愛や結婚の噂は?

板東湧梧選手は、イケメンなルックスなので彼女はいるのか気になる方もいると思います。ネットで調べて見ると、高校時代の彼女と思われる方は出てきました。

ですが、現在まで付き合っているかどうかはわかりませんでした。

しかし、野球選手のイメージは芸能人やアナウンサーといった有名人と結婚するか学生の頃からの彼女と結婚するかの2択のイメージがありますので、もしまだ、板東湧梧選手とこの彼女が付き合っていれば、結婚もあり得ますね。

続いては、板東湧梧選手の球速や球種特徴やプレースタイルについてご紹介します。

板東湧梧の球速や球種の特徴やプレースタイルは?

板東湧梧選手の球速は、最速で148kmです。

高校時代には、ここまで速い球は投げる事が出来なかったので、とても成長していると思います。

球種は、カットボール、フォーク、カーブを投げています。カーブとフォークに関しては、三振を取れるのでとても質の良い投球であると思います。

本人曰く、ストレートのキレが自身の強みであると言っています。最近の選手は、皆ストレートを磨いているイメージがありますね。

ストレートで、打者にキレを感じさせてそのあとにカーブなどの変化球で三振を取ることが板東湧梧選手のプレースタイルです。

続いて、板東湧梧選手が超イケメンという話題についても調べてみました。

板東湧梧は超イケメン!カトパンに似てる?

板東湧梧選手はそのイケメンなビジュアルが話題になることも多いです。

画像をご紹介しますね。

いかがですか?すごく爽やかなイケメンですよね!

小顔でイケメン、スタイル抜群。これは人気が出そうですね~

板東湧梧選手が、そもそも話題になったのは高校時代にカトパンこと加藤綾子さんに似ていると話題になったことから始まりました。

実際に似ているかは…

どうでしょうか?

目元辺りが似ているようにも感じます。顔のパーツの配置バランスも似ていますね。

加藤綾子さんも、美人で有名ですがその方に似ている板東湧梧選手も美形なので、ある意味顔の系統が同じなのだと思います。

昔から美人だったり、イケメンな方は年をとっても美人だったりイケメンだったりするので、板東湧梧選手もイケメンでダンディになりそうですね!

板東湧梧経歴やwiki風プロフィールは?出身地や高校中学も気になる!まとめ

板東湧梧選手は、地元徳島県で昔からの友人達と甲子園を目指し夢を叶えました。

野球人生の中で、何度も2軍に落ちましたがそのたびに這い上がって今の地位を築いていったと思います。

板東湧梧選手について見ていくと、周りへの義理人情に厚い一面も見えてきたと思います。女手ひとつで育てたお母様への恩返しも、プロになったことで恩を返せたのではないでしょうか?

球種も多彩にあり、本人もストレートに自信があるようなのでプロとして、どんどん磨いていけば先発もあると思います。

これからの板東湧梧選手に要注目です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました