鳥海連志彼女や結婚は?父母(両親)の職業も調査!

バスケット

鳥海連志選手は東京2020パラリンピック車いすバスケットボールの、エースとして期待されている日本代表選手です。

鳥海連志選手は生まれながら障害があるにもかかわらず、身体能力の高さに恵まれ、「何でもやらせる」という方針の下で成長し、車いすバスケットボールのトップ選手に成長しました。

鳥海連志選手の彼女や結婚、家族、父母の職業、車いすバスケットボールの障害レベルと成長の速さ、先天性の障害と「何でもやらせる」などについて調べてみました。

詳しく調べてみましたので、ぜひ最後までご覧ください。

鳥海連志の彼女や結婚は?イケメン画像紹介!

鳥海連志選手の彼女や結婚について調べてみました。

ネット上をくまなく探してみましたが、彼女や結婚に関する情報はありませんでした。

鳥海連志選手はイケメンですし、東京パラリンピックでの活躍でさらに注目されれば、メディアやネットでも話題になり女性ファンが急増すること間違いなしです。

鳥海連志選手のイケメン画像をいくつか紹介します。

鳥海連志選手の画像①

https://basket-count.com/

鳥海連志選手の画像②

https://mainichi.jp/

鳥海連志選手はまだ若いですし、今は車いすバスケットボールで毎日忙しい日々を送っていてデートの時間も無いことでしょう。

少し時間に余裕が出来たら、良い女性との出会いがあるといいですね。

続いては、鳥海連志選手の家族、父母の職業について調べてみました。

鳥海連志の家族は?父母(両親)の職業は?

鳥海連志選手の家族構成はご両親、お兄さん、妹さんの5人家族です。

父:隆一さん
母:友里恵さん
お兄さん:大樹さん 1歳年上
妹さん:はなさん 10歳年下

ご両親の画像を探しましたが、お父さんの画像が見つからずお母さんの画像が見つかりましたので紹介します。

お母さんの画像

https://satounicorn.com/

インスタに兄弟三人の画像がありました。

鳥海連志選手のお父さんはバスケットボール経験者で、ポジションはフォワードでした。お母さんは選手の経験はないのですが、バスケットボール部のマネージャーをしていました。

お兄さんは小学校から大学までバスケットボールをプレーしていました。

妹さんはお兄さんのバスケットボールの練習を手伝っていました。鳥海連志選手は妹さんをとても可愛がっているという記事が多くありました。

鳥海家はバスケットボール一家で鳥海連志選手がバスケットボールを始めたのは当然の事だったのです。

インスタには1歳ぐらいの赤ちゃんと一緒の画像がありました。お兄さんの子供との情報がありました。

お父さんとお母さんの職業について調べてみましたが、お父さんは造船会社に勤務しているという情報がありました。

長崎には中小13社の造船会社があります。長崎の造船業は徳川幕府が1857年「徳川幕府 長崎鎔鉄所」を設立し始まりました。その後歴史を経て、各種発電プラントの開発・製造など幅広い分野に発展しています。

お母さんの職業についての情報はありませんでした。

続いては、鳥海連志選手の車いすバスケットボールの障害レベルと成長の速さについて調べてみました。

鳥海連志の車いすバスケの障害レベルは?成長の速さ?

車いすバスケットボールには、競技ルールとして各選手の「障害レベル」というものがあり、障害の重い選手から順に1.0~4.5の持ち点が定められています。

試合中同時にコートに入る選手の持ち点合計が、14.0を超えてはいけないというルールがあります。

このクラス分けの目的は、障害の重い選手も軽い選手も等しく試合に出場する機会が得られるためです。

このクラス分けがなければ、障害の軽い選手だけでチームを組むことが可能となり、障害の重い選手の出場機会を奪ってしまうことになります。

鳥海連志選手の障害レベルは2.5で、「前傾姿勢がある程度保てるレベル」とされています。

鳥海連志選手のクラスでは、腹筋・背筋が使えない選手が多いのですが、鳥海連志選手は体幹に問題がなく実力的には3.0以上の能力を発揮できるため、鳥海連志選手を使うことは日本チームにとって大きなアドバンテージとなります。

鳥海連志選手は、成長スピードの速い選手と高い評価を受けています。

車いすバスケットボール監督の及川晋平さんは鳥海連志選手について、「いろんな選手のプレーを盗んで、実戦でやっちゃう。言ったことをすぐ読み取って結果につなげていくし、純粋に天才だと思う」と語っています。

鳥海連志選手の動画を紹介します。

【公式】PARA☆DO!<#68鳥海連志選手>

この動画の中で、鳥海連志選手は「障害とともに生きているけれども、やれば出来ると思っている」と語っています。

鳥海連志選手の「連志」という名前は、「高い志を持ち続けるように」との願いで命名されました。

鳥海連志選手の先天性の障害と「何でもやらせる」について調べてみました。

鳥海連志の先天性の障害は?「何でもやらせる」?

鳥海連志選手は先天的にすねの骨がなく、両足が内側に曲がっていました。

障害が判明した時、お母さんは「私が連志の足になる」と決意し、その後の練習や試合会場への送り迎えのサポートを続けました。

鳥海連志選手の1歳ころの画像

http://www.asahi.com/

いろいろな治療を試みましたが、3歳の時に両足を切断しました。両手にも障害があり、右手の指は4本、左手の指は2本です。

障害児のスポーツを支援している橋本大佑さんは、障害がある子供の心の成長には、難題があると次のように語っています。

「障害が原因で『できない』体験を繰り返すことで、挑戦前に本人が諦めるようになったり、それを最も近くで見ている周囲の方が、本人の限界を決めてしまったりすることがある。その結果、新しいことへのチャレンジ精神が失われていくことがある」
引用:http://www.asahi.com/

鳥海連志選手は、そうはなりませんでした。お母さんが次のように語っています。

「保育園(時代の過ごし方)が大きいのかな。自分のペースに合わせてくれていたし、周りから見てできないだろうということがあっても、『やる』と言ったことをやらせてもらった。それもあって、自分が決めたことを何でもやるし、自分には限界がないと考えるようになった」
引用:http://www.asahi.com/

鳥海連志選手は幼少期長崎市の「菜の花こども園」で過ごしました。ご両親と保育園で相談し「何でもやらせる」という方針でした。

運動会では障害物競走に出場し、両ひざから切断した足で運動場を駆け回り、2メートルもある木製の壁を障害のある左手・右手を使いよじ登り、逆立ち走りをして歓声と拍手に包まれました。

ネット上にその動画があります。その動画を見ると、鳥海連志選手の身体能力の高さに驚きます。そして、ひたむきに真剣に楽しそうに頑張る姿に感動しました。

鳥海連志の東京2020パラリンピックは?

日本はグループAで4勝1敗2位の成績で準々決勝進出を決めました。

鳥海連志選手は、リオパラリンピックでは9位という挫折を味わい、東京パラリンピックを目指し練習を重ねてきました。

東京パラリンピックの初戦コロンビア戦で、鳥海連志選手は15得点16リバウンド10アシスト、トリプルダブルという素晴らしい成績を収め、日本の勝利に貢献しました。

twitterに試合後のインタビュー動画がありましたので紹介します。

メダルまであと一歩、頑張ってください。応援しています。

鳥海連志彼女や結婚は?父母(両親)の職業も調査!まとめ

この記事を書きながら、鳥海連志選手は生まれながら障害を持っていますが、同時に生まれながらのアスリートであると感じました。

障害があるものの、強い身体と前向きな強い心を持ち、車いすバスケットボールのトップ選手となりました。

鳥海連志選手の東京2020パラリンピック、その後の世界での活躍を応援しています。

最後までご覧いただき有難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました