平良海馬の父親母親(両親)や兄弟は?彼女や結婚についても調査!

野球

平良海馬選手は、32試合連続無失点というプロ野球新記録を達成した、埼玉西武ライオンズの中継ぎのエースピッチャーです。

今年開催される東京オリンピックの代表として選抜され、日本チーム金メダル獲得のため、大きな役割を担う中継ぎピッチャーとして期待されています。

平良海馬選手の父親母親や兄弟、彼女や結婚、身長体重経歴プロフィール、高校時代、ドラフト4位指名などについて調べてみました。

詳しく調べてみましたので、ぜひ最後までご覧ください。

平良海馬の父親母親(両親)や兄弟は?泣かない子!

平良海馬選手は、父親の克次さん(47歳)、母親の智子さん(46歳)、弟二人の5人家族です。

父親の克次さんは平良海馬選手の幼い頃について、「暴れん坊というかヤンチャというか……。まあ、元気な子でしたよ。子供の頃から泣かない子でした。外で遊んでケガをして帰ってきても、泣いた姿は一度も見たことがありません。海馬は3人兄弟の長男。弟の面倒見は良かったですよ」と語っています。

平良海馬選手の画像①

https://number.bunshun.jp/

父親の克次さんは、生まれも育ちもの石垣島で、現在は警備会社に勤務しています。

母親の智子さんは、静岡県出身で、介護関係の仕事をしていて克次さんと出会いました。

克次さんは小学校まで野球をしていましたが、中学からはサッカー、現在は草野球の外野手を勤めています。

克次さんは、「私も嫁も、子供にはうるさいことを言ったことがありません。おかげでのびのび育ってくれました」と語っています。

続いては、平良海馬選手の彼女や結婚について調べてみました。

平良海馬の彼女や結婚は?メジャーを目指して?

平良海馬選手の彼女や結婚に関する情報を探してみましたが、ネット上では見つかりませんでした。

平良海馬選手はまだ21歳ですし、今年年収も大幅アップし今は野球一筋でしょう。

菊池雄星選手にあこがれているようですし、一緒に自主トレをしているという記事や、英語を勉強しているという記事もありました。

平良海馬選手はメジャーを目指しているとも考えられます。

平良海馬選手には、今しばらくは野球に集中してもらいたいと思います。

平良海馬選手の画像②

今後の活躍次第で、メディア露出の機会が増えれば女性ファンも増えるでしょう。

素敵な彼女との良い出会いがあることを祈ります。

続いては、平良海馬選手の身長体重経歴プロフィールについて調べてみました。

平良海馬の身長体重経歴プロフィールは?

氏名:平良海馬(たいら かいま)
生年月日:1999年11月15日
身長:173cm
体重:100kg
投打:右投右打
ポジション:ピッチャー
プロ入り:2017年 ドラフト4位
年俸:4,200万円(2021年)
高校:沖縄県立八重山商工高等学校
所属:埼玉西武ライオンズ(2018年から)
愛称:男梅

平良海馬選手の愛称は「男梅」です。「男梅」はノーベル製菓のキャンデーですが、愛称の由来は「男梅」のマスコットに似ているからとのことです。

ノーベル製菓の男梅マスコット画像

https://otokoume.com/

平良海馬選手の上半身筋肉モリモリのイメージが、確かに「男梅」に似ていますね。

平良海馬選手の趣味は釣りです。ゲームなどには一切興味がなく、「何が欲しい?」と聞くと必ず「釣り竿」と答えていました。

熱中しすぎて夜まで帰らないこともあったほどで、釣った魚のほとんどを自分で食べていました。

平良海馬選手が小中学校時代に在籍していた野球チームで、体力強化の為父母会が週末の3時に卵かけご飯を出していました。

当時の監督は、「平良海馬選手が山盛りのドンブリ卵かけご飯をお代わりしていた」と話しています。

自宅でも毎日大きなどんぶりでご飯のお代わりをしていました。

食べることはアスリートとして成功するための第一条件です。平良海馬選手は子供の頃からアスリートとしての条件をクリアしています。

続いては、平良海馬選手の小学中学時代、八重山ポニーズについて調べてみました。

平良海馬の小学中学時代は?八重山ポニーズ?

平良海馬選手は小学校1年生の時に父親に「野球がやりたい」と言い、野球を始めました。

平良海馬選手の画像③

https://column.sp.baseball.findfriends.jp/

平良海馬選手は小学校から中学校時代は八重山ポニーズに所属していました。

平良海馬選手は、小学校で八重山ポニーズに入団した当初はキャッチャーで、その後ピッチャーにコンバートとされました。

当時監督を勤めていた前田さんは、「最初は苦労しましたよ。入団当初は捕手だったのですが、パスボールをしても自分でボールを取りに行かない。言葉にはしませんが、『あれは投手の暴投』と表情に出ていた。」と語っています。

さらに、「『それは違う、そうじゃない』と言い続けて、直すのに苦労しました(笑い)。でも、言われたことはしっかりやる子でしたからね。きちんと言えばわかってくれました。」と話しています。

平良海馬選手の性格が表れているエピソードですね。自己主張できるタイプのようですが、納得すれば徹底的にやる、ピッチャー向きの性格だと思います。

平良海馬選手は、中学時代沖縄県代表として選抜され全国大会に出場しました。

八重山ポニーズ

八重山ポニーズは1998年に伊志嶺吉盛さんが立ち上げ、2002年にはアジア太平洋予選を勝ち抜き、世界大会で堂々3位という成績を残しました。

しかし、その後野球人口の減少や高額な派遣費負担などの理由で休部となっていましたが、友利真二郎さんが新監督に就任し今年1月から7年ぶりに活動を再開しました。

友利真二郎監督はポニー時代に世界大会3位、八重山商工高校で甲子園出場経験を持ち、「石垣少年野球のレベルが上がっているうちに中学野球も上げたかった。甲子園は素晴らしい場所。そこを体験できる選手を育てたい」と語っています。

八重山ポニーズの画像

https://ryukyushimpo.jp/

野球の石垣島復活を応援したいと思います。

続いては、平良海馬選手の高校時代、ドラフト4位指名について調べてみました。

平良海馬の高校時代は?ドラフト4位指名?

平良海馬選手は中学までは八重山ポニーズに所属し、中学卒業後は八重山商工に進み野球部に所属しました。

現在千葉ロッテマリーンズのローテーションピッチャーとして活躍している大嶺祐太選手も、八重山ポニーズから八重山商工、そしてプロ野球選手となりました。

平良海馬選手は、高校1年生から外野手とピッチャーとして試合に出場し、2年秋からはピッチャーとして試合に出ていました。

平良海馬選手は、2年冬のTVで西武ライオンズの菊池雄星選手の映像を見て、スポーツジムでトレーニングを始めました。

その成果が発揮され、予選1回戦敗退したものの、152キロのピッチングを記録しました。

平良海馬選手は、偶然試合を見ていた西武ライオンズの渡辺久信SD(現GM)に見出され、フィールディングの良さも評価され、2017年埼玉西武ライオンズからドラフト4位指名を受けました。

平良海馬選手は最速160キロの記録を持ちます。その投球画像をご紹介します。

【160km】平良海馬の超剛速球

平良海馬選手のプロ1年目は登板機会がありませんでした。2年目に中継ぎ投手陣不足により登板機会が増え、26試合に登板してチームの2年連続優勝に貢献しました。

3年目の2020年には開幕一軍入りを果たし、中継ぎとして起用され続け、20試合連続無失点記録など54試合に登板し、再優勝新人に選ばれました。

そして4年目の2021年は、中継ぎとして開幕から32試合連続無失点試合を続け、その記録がどこまで伸びるのか注目されています。

そして、東京オリンピックにも選抜されました。侍ジャパンとしての活躍が期待されています。

平良海馬の父親母親(両親)や兄弟は?彼女や結婚についても調査!まとめ

平良海馬選手は高校まで目立った成績は残せていません。しかし、菊池雄星選手のTVで見て体力強化を行い、その成果が評価されプロ野球選手になりました。

多くの優秀なアスリートは、自ら進む道を決め、そして良き指導者に出会いチャンスをつかみ取っています。

平良海馬選手も優秀なアスリートの一人だと確信しました。

平良海馬選手がどこまで無失点試合を伸ばすか、さらに東京オリンピックで世界の強豪選手にどのように立ち向かうか、今後も目が離せません。

平良海馬選手の益々の活躍を期待しております。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました