畔柳亨丞(中京大中京)経歴プロフィール!出身中学小学校は?

野球

畔柳亨丞(くろやなぎきょうすけ)選手は野球の超名門高校である中京大中京のエースピッチャーです。

高校生離れした最速151キロのストレートを武器として、畔柳亨丞選手が甲子園でどんな活躍するか大いに期待されています。今年のドラフト会議に向けプロのスカウトも注目しています。

畔柳亨丞選手の身長体重経歴プロフィール、出身小学校、火の玉ストレート、出身中学校、WBSC U-15代表、高校時代の主な成績、特徴などを調べてみました。

詳しく調べてみましたので、ぜひ最後までご覧ください。

畔柳亨丞(中京大中京)身長体重経歴プロフィールは?

氏名:畔柳亨丞(くろやなぎ きょうすけ)
生年月日:2003年5月3日
出身地:愛知県豊田市
身長:177cm
体重:83kg
ポジション:ピッチャー
投打:右投右打
出身小学校:豊田市立竹村小学校
所属チーム:豊田リトルリーグ
出身中学校:豊田市立竜神中学校
所属チーム:SASUKE名古屋ヤング
高校:中京大学附属中京高等学校(中京大中京)
趣味:釣り
好きな選手:則本昂大
好きな球団:中日
好きな食べ物:白米
好きなタレント:今田美桜
ニックネーム:クロ

畔柳亨丞選手の名前は「くろやなぎ きょうすけ」と読みます。

畔柳亨丞選手の画像①

https://www.japan-baseball.jp/

名字専門サイトによれば、「畔柳」は全国でおよそ6,300人全国順位2,308位という珍しい名字で、7割を超える4,600人の方が愛知県岡崎市に在住しています。

畔柳亨丞選手も愛知県豊田市出身ですから、ルーツは岡崎市かもしれません。

続いては、畔柳亨丞選手の出身小学校、火の玉ストレートについて調べてみました。

畔柳亨丞(中京大中京)の出身小学校は?火の玉ストレート!

畔柳亨丞選手は地元の竹村小学校1年生の時に、地元の豊田リトルで野球を始めました。

畔柳亨丞選手は幼い頃から野球に興味を抱き始めたようですが、小学4年の頃に父親に連れて行ってもらったナゴヤドームの藤川球児選手の「火の玉ストレート」を見て、幼い少年の心に火が付いたのでした。

畔柳亨丞選手は、「自分もこういう球を投げてみたい」と思ったのです。

藤川球児選手はストレートに強いこだわりを持つ、日本を代表するピッチャーの一人です。1999年阪神に入団し、WBCでは日本代表として2度金を取り、メジャーリーグでも活躍し、2020年現役を引退しました。

藤川球児選手の画像

https://www.yomiuri.co.jp/

藤川球児選手のストレート勝負が、幼い畔柳亨丞選手の心に強く焼き付き、その後の成長に大きな影響を与えました。

続いては、畔柳亨丞選手の出身中学校、WBSC U-15代表について調べてみました。

畔柳亨丞(中京大中京)出身中学は?WBSC U-15代表?

畔柳亨丞選手は地元の竜神中学校に通っていましたが、野球は瀬戸市のSASUKE名古屋ヤングに所属して続けました。

ドライブナビで検索すると、畔柳亨丞選手の地元豊田市からSASUKE名古屋ヤングのグラウンドまではおよそ車で45分ほどです。ご両親が送り迎えしたのでしょうかね。

畔柳亨丞選手が在籍した当時のSASUKE名古屋ヤングは次のような成績を残しています。

2016年(中学1年) ヤングリーグ春季大会 1回戦
2018年(中学3年) ヤングリーグ春季大会 3位決定戦
2018年(中学3年) ヤングリーグ選手権大会 2回戦
2018年(中学3年) ヤングリーググランドチャンピオン大会 ベスト8

畔柳亨丞選手は、室内練習場もあり全国大会に毎年のように出場するSASUKE名古屋ヤングで、めきめきと力をつけて行きました。

SASUKE名古屋ヤングの練習動画を紹介します。

ヤングリーグ【SASUKE名古屋ヤング】 練習に密着‼

高校生の練習風景かと、見間違えるような整然として質の高い練習に見えました。

いつも思うことですが、優れたアスリートは良い練習環境を自ら選んで才能を開花させています。畔柳亨丞選手もこの練習環境を選び、その才能を開花させました。

WBS U-15代表

畔柳恭介選手は竜神中学3年生の時、第14回WBS U-15ワールドカップの日本代表に選ばれ、エースナンバー「18番」を付けました。

畔柳亨丞選手は日本代表に選ばれたインタビューの中で、自分のアピールポイントについて「MAX140kmのストレート」とはっきり答えています。

畔柳亨丞選手の画像②

http://sasukenagoya.com/

この大会で畔柳亨丞選手は、大事なオーストラリアとの初戦先発を任され、138キロのストレートと109キロのカーブをおりまぜ3回1/3を好投し、無失点6奪三振で4対2の勝利に貢献しました。

日本代表は、優勝は逃しましたが、アメリカ、パナマ、台湾など強豪ぞろいの中ベスト4という好成績を残しました。

続いては、畔柳亨丞選手の高校時代の主な成績について調べてみました。

畔柳亨丞(中京大中京)の高校時代の主な成績は?

畔柳亨丞選手は中学を卒業し、名古屋市内に所在する中京大中京に進み硬式野球部に入部しました。

中京大中京は1995年に中京高校から現在の学校名に改名されました。

中京大中京の硬式野球部は、甲子園で春4回・夏7回 通算優勝回数11回、夏の甲子園優勝最多を誇る全国屈指の名門校です。

畔柳亨丞選手は1年生夏からベンチ入りを果たし、県大会5回戦の国府高校戦で初登板を果たし、いきなり最速142キロのストレートを投げ注目を集めました。

その後ひじを痛め、1年生秋から2年生のコロナ感染の影響で行われた甲子園の交流戦まではベンチを外れました。

2年生の秋の東海大会から背番号1を背負いベンチに戻り、名古屋地区1次予選の愛知戦で、自己最高の151キロをマークしました。

畔柳亨丞選手の画像③

https://www.chunichi.co.jp/

続く愛知県大会では、3回戦の愛産大三河戦に登板し最速151キロをマークし、8回9安打8対1完投という成績を残しました。

10試合49.2回登板し60三振を奪い、防御率0.72ロいう成績でチームの愛知大会と東海大会の優勝に貢献しました。

中京大中京の選手たちは、春の甲子園出場の知らせを落ち着いて聞き、「先輩たちの思いを背負って日本一をつかみたい」と語り甲子園で全力を尽くす覚悟です。

続いては、畔柳亨丞選手の特徴について調べてみました。

畔柳亨丞(中京大中京)の特徴は?

畔柳亨丞選手の特徴は、力のあるストレートです。畔柳亨丞選手は、「分かっていても打たれないストレート。それを意識して投げる」と力強く語っています。

ストレートを中心とした投球動画を紹介します。

147キロ計測 7回1安打11三振 畔柳 亨丞(中京大中京) 【2021ドラフト候補】

最速151キロという記録を持っていますが、相手のバッターは振り遅れていて、球速以上に速いと感じているようです。

打者の手元で鋭く曲がるスライダーも威力があります。他にもカーブやチェンジアップを投げています。

制球力は高めに浮くボールや抜けるボールもあり、制球力アップが今後の課題です。

ストレート勝負は、野球ファンを魅了します。藤川球児選手がそうであったように、畔柳亨丞選手もこれからさらにストレートを磨き、ストレート勝負にこだわって打者に向かっていってほしいと思います。

畔柳亨丞(中京大中京)経歴出身中学小学校は?まとめ

春の甲子園で、中京大中京エース畔柳亨丞選手がどんな投球を見せてくれるか楽しみです。

畔柳亨丞選手の益々の活躍を期待しております。

最後までご覧いただき有難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました