吉居駿恭(仙台育英)経歴プロフィール!双子の兄は大和?

スポーツ

吉居駿介選手は仙台育英高校の陸上長距離選手で、将来を大いに期待されているスピードランナーです。

2019年12月開催の全国高校駅伝では1年生ながらアンカーを務め、トラック勝負を見事なラストスパートで制し優勝に貢献しました。

吉居駿介選手の身長体重経歴プロフィール、双子の兄は大和、兄弟でタスキをつなぎ優勝などを調べてみました。

詳しく調べてみましたので、ぜひ最後までご覧ください。

吉居駿恭(仙台育英)身長体重経歴プロフィールは?

氏名:吉居駿恭(よしい しゅうすけ)
生年月日:2003年4月8日
出身地:愛知県田原市
身長:168cm
体重:54kg
出身小学校:田原市立大草小学校
出身中学校:田原市立東部中学校
高等学校:仙台育英高校

吉居駿恭選手は小学校5年生から地元の田原市陸上クラブで陸上競技を始めました。

父親母親も元陸上競技選手で、兄も陸上競技をしていたこともあり、吉居駿恭選手は自然に陸上競技を始めました。

吉居駿恭選手は中学生時代から数々の素晴らしい成績を残していますが、中学3年生で出場したジュニアオリンピック3000mで優勝という記録を残しています。

https://twitter.com/jaaf_official/status/1051357697449185281

吉居駿介選手は中学を卒業すると、地元を離れ仙台育英高校へ進みました。

続いては、吉居駿恭選手の双子の兄は大和について調べてみました。

吉居駿恭(仙台育英)の双子の兄は大和?

吉居駿恭選手は双子ではなく、双子の兄がいるという記事がネット上に多く出回っていますが、双子説がデマだという記事もあります。

双子説に関する正しい情報は分かりませんが、今後の吉居駿恭選手と吉居大和選手の活躍次第で、ネット上にたくさん情報が出てくると予想されます。またの機会に書き加えたいと思います。

吉居駿介選手の兄の吉居大和選手は中央大学の陸上長距離選手で、新スピードキングと高い評価を受け大いに期待されています。

吉居大和選手の画像

https://note.com/

続いては、吉居駿恭選手の兄弟でタスキをつなぎ優勝について調べてみました。

吉居駿恭(仙台育英)兄弟でタスキをつなぎ優勝?

吉居駿介選手は2019年12月に京都市で開催された全国高校駅伝で、兄の吉居大和選手とタスキをつなぎ仙台育英高校の優勝に貢献しました。

3区で兄の吉居大和選手がタスキをつなぎ、6区でムチリ・デ・イタング選手が区間新の走りで2位まで順位を上げ、7区の吉居駿恭選手にタスキが渡りました。

吉居駿恭選手は驚異の走りを見せ、ラストスパートで1位の倉敷を逆転し、3秒の差をつけ仙台育英高校の優勝を成し遂げました。

吉居駿恭選手と吉居大和選手の画像

https://mainichi.jp/

全国高校駅伝で優勝した後の二人のすがすがしい姿です。

吉居駿介選手は兄の吉居大和選手について、「兄とは普段あまり連絡は取らない」「かなり強くなっているが、自分も負けてはいけない。いろんなことを学んで高め合いたい」と語っています。

吉居駿恭選手を指導する真名子監督は「試合で走っている時も、目の前に兄貴がいて、その影を追いかけて走っている感じだ」と話しています。

吉居駿介選手は、兄でありライバルである吉居大和選手を目標に、ますます力をつけ自己ベストを更新し、日本のトップランナーへ成長していってほしいと思います。

弟の追随は兄の吉居大和選手を刺激し、弟に負けまいという意識がさらに高いレベルへと成長させてくれると思います。当分二人から目が離せませんね。

吉居駿恭(仙台育英)経歴プロフィール!双子の兄は大和?まとめ

吉居駿介選手が兄の吉居大和選手をライバルとして競い合い、そしてさらに力をつけ日本の代表として世界で活躍する姿を期待したいと思います。

吉居駿介選手の今後の活躍を期待しております。

最後までご覧いただき有難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました