笹生優花(さそうゆうか)父親の職業は?出身地や経歴まとめ!

スポーツ

笹生優花選手は19歳でプロに転向し、プロ2戦目のNEC軽井沢72で優勝、そして続く3戦目ニトリレディースでも優勝を果たした、世界一を目指す期待の女子プロゴルファーです。

笹生優花選手は、ドライバーの飛距離に優れアイアンの精度が高く、タイガー級と評価されています。

笹生優花選手の父親の職業、下半身強化トレーニング、出身、経歴プロフィールなどを調べてみました。

詳しく調べてみましたので、ぜひ最後までご覧ください。

笹生優花(さそうゆうか)の父親の職業は?下半身強化トレーニング?

笹生優花選手の父親・正和さんの職業について調べてみました。

正和さんは、娘をプロゴルファーに育て上げたことから、高収入あるいは資産家ではないかとの推測記事がありましたが、一般のサラリーマンなのではという推測記事もありました。

ネット上にそれ以上の詳しい情報はありませんでした。

笹生優花選手は、300ヤード級の飛距離が出せると言われるほどの飛ばし屋です。下半身の強さがそのビッグドライブを支え、その下半身の強さは正和さんのトレーニングによって鍛えられたのです。

笹生優花選手の豪快なスイング動画をご紹介します。

笹生優花 ゴルフ スイング スローモーション

小学校3年生の時にプロゴルファーを目指すと決めた笹生優花選手に、正和さんは徹底的に「下半身強化」と「柔軟性」を叩きこみました。

そのトレーニング内容は、毎日早朝5時に起床し、30分のランニング、バット振り、バスケットボール、ゴロキャッチなど、両足に2kgのウエイトを付けて足腰の強化を行うメニューでした。

実は正和さんはシングルプレーヤーで、アマチュアとしては相当な腕前です。

笹生優花選手は、正和さんの独自のトレーニングで強靭な下半身が鍛え上げられたのです。

笹生優花選手と父親・正和さんの画像

https://www.facebook.com/

いつも思うことですが、優れたプレーヤーは両親から恵まれた体を受け継ぎ、幼少期から自ら進んで正しいトレーニングを積み重ねています。

笹生優花選手もその一人だと思います。

続いては、笹生優花選手の経歴出身プロフィールについて調べてみました。

笹生優花(さそうゆうか)の経歴出身プロフィールは?

名前:笹生 優花(さそう ゆうか)
生年月日:2001年6月20日
身長:164cm
体重:59kg
国籍:フィリピン、日本
出身地:フィリピン
高等学校:代々木高等学校 アスリートゴルフコース
所属:扶桑カントリー倶楽部

笹生優花選手の画像①

https://www.chunichi.co.jp/

笹生優花選手は、日本人の父親・正和さんとフィリピン人の母親・フリッツィーさんのもとに生まれました。

6歳の時にフィリピンから日本に移住しましたが、小学校3年の時にプロゴルファーになることを決め、よりゴルフ環境が良いという父親の判断で、再びフィリピンに戻りました。

プロ転向前に参加した、ジュニア、アマチュア、プロの各大会で次々と好成績を残しました。

2014年 タイアマチュア選手権 3位
2016年 ワールドジュニアガールズ選手権 優勝
IMGアカデミー世界ジュニアゴルフ選手権 2位
2018年 アジアパシフィック女子アマチュア選手権 2位
アジア競技大会(ゴルフ競技)フィリピン代表 団体・個人金メダル
2019年 The Country Club Ladies Invitational 2位
オーガスタ・ナショナル女子アマチュアゴルフ選手権 3位
女子ジュニアPGA選手権 優勝

アマチュア時代から世界を飛び回り素晴らしい成績を残しています。

英語、日本語、タガログ語、韓国語、タイ語などが操れて、世界で戦うための十分なスキルを身に着けています。

笹生優花(さそうゆうか)父親の職業は?出身地や経歴まとめ!

笹生優花選手の優れた身体能力、才能、努力、決断力など、世界で活躍するプレーヤーとして生まれてきたかのようです。

笹生優花選手が世界で活躍する姿を応援したいと思います。

最後までご覧いただき有難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました