三浦龍司(順天堂)家族構成は?父親母親や兄弟、彼女について調査!

マラソン

三浦龍司選手は3000m障害競走の陸上競技選手で、東京オリンピック代表として期待されています。

名門洛南高校で本格的に3000m障害競走に取り組み、順天堂大学に進みわずか3ヶ月半の2020年7月開催の大会で、日本歴代2位の8分19秒37を出しました。

三浦龍司選手の家族構成、父親母親、兄弟、彼女、経歴、主な成績、東京オリンピックなどを調べてみました。

詳しく調べてみましたので、ぜひ最後までご覧ください。

三浦龍司(順天堂)の家族構成父親母親や兄弟は?

三浦龍司選手の家族の情報をネット上で調べてみましたが全く見つかりませんでした。

ほとんどの一流アスリートは、親から恵まれた体を受け継ぎ、そして良い環境と良い指導者に出会い大きく成長しています。

三浦龍司選手のご両親もアスリートとして活躍された方かもしれませんが、今はそのような情報はありませんでした。

三浦龍司選手の画像①

https://linoo7.com/

今後三浦龍司選手が箱根駅伝などで活躍すれば、メディアも取り上げ様々な情報が出てくることが期待されます。随時情報をアップデートしたいと思います。

続いては、三浦龍司選手の彼女について調べてみました。

三浦龍司(順天堂)の彼女は?

三浦龍司選手の彼女の情報を調べてみましたが、ネット上には見つかりませんでした。今は陸上一筋なのだと思います。

今後の活躍がTVで放送されメディアにも取り上げられれば、女性ファンも増え良い出会いの機会が増えると思います。

一流アスリートとしての実績を残し、素敵な彼女が現れることを期待したいと思います。

続いては、三浦龍司選手の経歴と高校から親元を離れてについて調べてみました。

三浦龍司(順天堂)の経歴は?高校から親元を離れて?

三浦龍司選手は島根県浜田市出身で、小学1年から地元の浜田JAS(陸上教室)に週3回通いいろいろな競技に取り組んでいました。

中学の時から1500mや3000mでは全国レベルで活躍し、ジュニアオリンピックにも出場しています。

中学時代の成績が評価され、京都の洛南高校から誘われ進学しました。

三浦龍司選手は高校から親元を離れ、陸上競技選手としての道を歩き始めました。

三浦龍司選手の画像②

https://www.jaaf.or.jp/

洛南高校はインターハイ男子総合優勝を史上最多の8回を誇る陸上競技の超名門校です。特にハードリング技術の指導においては全国有数の高校です。

三浦龍司選手は洛南高校に入り本格的に3000m障害競走に取り組み始めました。

一流アスリートが皆そうであるように、三浦龍司選手も自らの才能を磨くために若くして親元を離れる決意をしたのだと思います。

続いては、三浦龍司選手の主な成績と東京オリンピックについて調べてみました。

三浦龍司(順天堂)の主な成績は?東京オリンピック?

三浦龍司選手は高校に入り、3000m障害競走に取り組み始めてから次々と記録を更新しています。

三浦龍司選手自身のtwitterの中でその内容が紹介されています。

2018年6月高校2年の時に、京都で開催されたインターハイの3000m障害競走で、8分52秒27という京都高校新記録を出した画像です。

この時からキプラガット選手を強く意識したコメントがあります。キプラガット選手は高校時代越えられない壁となっていました。

2018年9月に開催された近畿ユース大会では、3000m障害競争で8分46秒56優勝、1500mで3分52秒01自己ベストの二位となりました。

三浦龍司選手は高校を卒業後順天堂大学に進み、2020年7月に開催された大会でキプラガット選手に競り勝ち、日本歴代2位学生歴代最高8分19秒37を出しました。

東京オリンピックを目指したいと語っています。

三浦龍司(順天堂)家族構成は?父親母親や兄弟、彼女について調査!まとめ

三浦龍司選手の箱根駅伝での走りに注目したいと思います。そして目指す東京オリンピック3000m障害競走では、世界レベルの選手たちに勇気をもってチャレンジして欲しいと思います。

三浦龍司選手の今後の活躍を期待しております。

最後までご覧いただき有難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました